治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

※水曜日は事前予約のみ

 

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

はじめまして

あじさい鍼灸マッサージ治療院のホームページへようこそ。

 

東京都新宿区で生まれ育った院長が一人で切り盛りする治療院です。

 

2011年の東日本大震災、そして翌年の長女の誕生を機に、地元地域の、故郷の大切さを実感し、 地域に根付いた治療活動をしていきたという想いで、2012年に開業いたしました。

地域のために

東京都新宿区牛込の地に生まれて、小学校・中学校と地元の公立に通いました。結婚しても牛込を離れることなく、この地で開業。これまで育ててくれた地域への恩返しと子供たちが安心して暮らせるように、お手伝いしたいと考えています。

 

オーダーメイドの治療を

来院される患者さんは0歳の赤ちゃんから86歳のお年寄りまで。

どのような方に対しても、”そのとき、その方に合った”オーダーメイド治療を行ってまいります。ここに訪れる理由はひとそれぞれ。治療法も様々。多種多様な技術で、きっと皆さまに適した方法を提案できるはず。

 

子育て世代を応援

 子供の誕生と同じ年に生まれたあじさい鍼灸マッサージ治療院。子供が生まれたことで世界が変わりました。同じ境遇にある地域にお住まいの子育て世代のママさんを手助けしたい。子育て世代のママさんはこちらをご覧ください。

 

社交ダンスに特化

20年以上携わる社交ダンス。社交ダンス関係者を助ける治療院。社交ダンス関係者はこちらをご覧ください。

 

質問、相談乗ります

 院への質問、健康相談などありましたら、まずはメールを。

メールkouno.teate@gmail.com

 

更新情報

4月22日(土) ・・・ 院長ブログ ~決めつける~ を更新しました。

4月21日(金) ・・・ トップページ リニューアルしました。

4月20日(木) ・・・ 院長ブログ ~来てほしくない患者さん~ を更新しました。

4月19日(水) ・・・ ページ 小さなお子様連れのママさんへ を更新しました。

4月18日(火) ・・・ 院長ブログ ~地政学~ を更新しました。

4月18日(火) ・・・ ページ 社交ダンス関係者の皆様へ を更新しました。

4月17日(月) ・・・ 院長ブログ ~歴史は巡る~ を更新しました。

水曜日の診療について

平成29年4月1日より、

 

事前予約に限り、水曜日も診療を行います。

 

診療時間は他の平日と同様です。

前日までに予約をしていただければ治療院を開けます。

 

引き続き、よろしくお願いします。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院院長 甲野功

サポート選手のお知らせ

あじさい鍼灸マッサージ治療院では社交ダンス、競技ダンス選手に特化した治療コース(社交ダンサーケア)を作っております。4年目を迎えるにあたりより競技ダンス選手のケアとサポートをしていきたいと考えております。

 

この度、本治療院でサポートする、サポート契約選手が決まりました。

★坊迫有紀・倉橋さら組(JBDF東部総局スタンダードB級)

 

両選手の身体面やパフォーマンス面などについて、本治療院が持つ技術、知識、器材をフル活用してサポートしていきます。よろしくお願いします。

進路に悩んでいる皆様へ <相談乗ります>

今後、治療、リラクゼーションといった人の身体を触る仕事をしてみたいと考えているが、どうしたらいいのか悩んでいる方。進路相談に乗ります。

 

整体師

リフレクソロジー

タイ古式マッサージ

セラピスト

アロマ

スポーツマッサージ

トレーナー

あん摩マッサージ指圧師

鍼灸師

柔道整復師

 

などなど、色々あるけれど

何が違うの?

学ぶにはどうしたらいいの?

学校はどこを選んだらいいの?

自分がやりたいことを実現するには何を選択したらいいの?

こういった疑問があり悩んでいる方、ご相談ください。

業界情報を踏まえて最善と思われる案を提案します。

 

まずはメールを。

kouno.teate@gmail.com

まで。

フジテレビ系ネット報道番組「ホウドウキョク」で紹介してもらいました

2017年

4月

22日

~決めつける~

今年の冬、恐らく人生初のインフルエンザにかかりました。
娘が発症し、次女にも感染。看病している間に夜に私も発熱しました。翌朝には解熱していましたが状況が状況ですのでクリニックに行き検査を受けました。結果は陽性。

その時の医師の一言が気になりました。


お父さんがかかるのことはまず無いのですがね。

 

ただ単に統計的な一般論を口にしただけなのでしょう。しかし、この言葉は嫌な意味で心に残りました。

続きを読む 0 コメント