治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~マッサージの話 強擦(きょうさつ)~

マッサージにはマッサージにしかない手法があります。それば強擦(きょうさつ)法です。


教科書から解説文を抜き出すと
強擦法が、揉捏法と軽擦法との混合手技で、炎症などによる病的滲出物を押し、もみ、こねて細かく砕き、九州を促し、また、結合識の硬結を解き、癒着した組織をひきはがし、関節の動きを良くする、従って、主に関節や骨間部に応用する手技である』(東洋療法学校協会編 あん摩マッサージ指圧理論 医道の日本社 より)
とあります。

字にすると何の事だかわかりませんが、押す、揉む、流すを複合的に行う手技となります。

圧を入れながら中心に向けて回転させていき、更に外に流していく。関節部分に使用する特殊な技術です。

 

固まってしまった関節の可動域を上げる、硬くなった皮膚を柔らかくするなど機能回復に使われることが多いです。そのため、あまり臨床現場では使う機会がありません。

ですがこの強擦法は私にとって大きな技術革新でした。

それまで押すと揉むを分けて考えていましたが、複合的に使うことで手技の精度が飛躍的に上がったと思います。そして皮膚上から身体の内部を探るの能力が上がったため、鍼を刺すときに方向、深さを明確に考えられるようになりました。

臨床のマッサージでこの強擦法はほとんど使ったことがなく、学校の試験のときくらいでしか実践してはいないのですが、大きなヒントとなりました。何が活きるかわかりません。

甲野 功

こちらもあわせて読みたい

治療技術について書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ