治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~K2~

中学生の頃読んでいたマンガの一つに「スーパードクターK」があります。初めて医療をテーマにした作品に出会いました。

スーパードクターKは少年マガジンで連載しており、内容は天才的な技術と強靭な肉体を持った謎の医師Kが活躍するというもの。
時代的に「○斗の拳」の影響を受けた異常なマッチョな主人公が人間離れした行動を起こします。宇宙で手術をしたり、小学生に手術をさせたり


のちに「ドクターK」と名前を変え連載を続け、主人公Kの死という最終回をもって連載終了。現在は青年誌イブニングにて続編「K2」が連載されています(23巻まで継続)。

中学生だった私は医療知識をスーパードクターKから得て、医者って単純にかっこいいなと思いました。漠然と医者になるのもいいな、とも。
この作品は連載期間が長く(スーパードクターKで44巻、ドクターKで10巻)その分多種多様な知識を得ることができました。後年鍼灸専門学校に通った際に勉強の役に立ち、クラスメイトに貸したものでした。

しかし何といっても少年誌連載の少年マンガ。大人になって読むと無茶苦茶だと感じることも。

それを払しょくしたのが現在の「K2」なのです。これは青年誌連載ということで過剰な人間離れした場面が少なく、教科書に乗る前の最先端医療情報が描かれており、大いに参考になります。また現実の時間と作品内の時間が一致しているので、再生医療や臍帯血移植などリアルタイムで描かれます。

子どもの頃医療知識の入り口として楽しんだ作品が、20年以上経っても未だに私のそばにあり、現在進行形で知識を広げる手助けをしてくれています。

甲野 功