治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~第2回チャリティカフェを終えて~

5月15日に第2回チャリティカフェを行いました。
去年の初回に比べて人数も寄付金も増えて良かったです。

参加者は私たち家族を入れて26名。昨年も来てくれた方は少なく、今年初めて来た方が大半でした。

 

ほとんどが子供を連れた家族でした。元々が妻のコミュニティカフェのようなことがやりたいという希望と、開院1周年を合わせたことが始まりでしたので、和気あいあいと時間が過ぎました。

 

1歳未満の赤ちゃんから小学生までの子供を連れた家族にとっては、周りの目を気にせずコーヒーとケーキを食べられる場所は、自宅の外では多くないのです。治療室はクッション材を敷いているので赤ちゃんがハイハイしたり、転んだりしても痛くありません。危険な機材は全てしまっておいたので、遊びまわる子供ばかり。

 

大人は子育てに関する情報交換をしながらコーヒーを飲みます。よその子供を見ることで我が子が客観的にみられるようで、うちの子は落ち着きがないと思っていたけれどそうでもないようだ、と納得する親。初めての子育てで、その場で初めて会った先輩お母さんにアドバイスを受ける親。同じ保育園に通っているが、初めて接点ができた二つの家庭。
マイペースに遊ぶ子供をよそに親は交流していました。

 

昨年は子供が少なかったせいで、ボランティアの話(ちょうど根ネパール大地震の後でした)や外国の話など落ち着いた会話が多かったですが、今年は育児の話がほとんどでした。
その中で、妻の関係でボランティア関連の方、私の関係で治療業界の方が、それぞれ足を運んでくれました。そのため、ボランティア業界の話題にのぼり、寄付先の団体の資料も用意してあったこともあり、私が知らないことを知ることができました。
また、私の先生にあたる方が来てくれたことで、腱鞘炎に悩むお母さんの治療を見る機会に恵まれました。習ったことのない手技だったので、個人的に得した気分です。

 

去年もそうでしたが、場所を用意して、ケーキやコーヒーを提供して、寄付を募る。表面的なことはそれだけなのですが、本質は初めて出会う人々が交流する場であること。それが大事でした。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院の存在意義として、地元の情報拠点であったり、繋がりの場であったり、そういうところを目指しているので、私以外の皆さんが交流して何か役に立ってくれたならば幸いです。
ついでに寄付金が集まったり、治療院の知名度が上がったり、ケーキやコーヒーが美味しかったりすれば、なお良いことです。

 

来年も行うことは決めているので、次回はもっと多くの交流があることを願っています。

甲野 功