治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~50周年記念パーティー~

昨日は母校、東京理科大学舞踏研究部50周年記念パーティーに参加してきました。参加というより役員として運営側なので開催してきたと言いますか。

50周年の節目で記念イベントをすることは、何年も前から決まっていました。ここまで色々な意見、当日までの準備、当日の準備、開催中のアクシデントなど、幾多のトラブルがありましたが、無事終えることができて良かったです。

これだけの規模で開催することは、もう今後できないかもしれない、というのが準備してきた一人としての感想です。
それを実現までこぎつけたのは各々が様々な立場で準備し働いたからでしょう。

 

日程計画、会場確保、資料作り、などなど、決して少なくない人数が動きました。


現役の学生にも例年以上に負荷がかかったと思います。大会シーズンで忙しい中、パンフレットの製本は大変だったでしょう。デモンストレーションをする4年生、フォーメーションメンバー、司会、駅からの誘導、受付。表に出る部員も、裏方の部員も働いてもらいました。


パーティー会場と何度も打ち合わせをして会場設営をしてくれた役員。


メモリアルビデオや資料映像、パンフレットを校正してくれた役員。


音響を担当した役員。

 

司会を担当した役員。

 

全体管理を担当した役員。


更に、本来のオファーとは程遠い待遇で踊ってくれた東京理科大学舞踏研究部から育ったプロの先生方。理科大とは関係ないのに出演してくれたプロの先生方。

そして、パーティーに出席した多くのOBOG、関係者。若い世代から年長者まで幅広い世代の人間が動いて記念パーティーを行いました。

 

そこには、たまたま東京理科大学舞踏研究部と関係があった人々が世代を超えて一つのイベントを作った事実があります。きっと一生関わることが無かった人同士が、繋がった出来事。
50年前に大学で社交ダンスを、競技ダンスをしてみようと始めた部活が、廃部することなく続いたことでできたことです。

 

私は50年の歴史のうち、20年間を知っています。
同じ時代に部活をして、東京理科大学の背番号を背負って競技会に出た、そのときのメンバーがプロとして、今の現役生にダンスを見せたり教えたりする。我々が大学で踊っていた時には1年生は生まれて間もないくらいでしょう。


その流れをしっている分、続いて良かったな、としみじみ思います。

 

甲野 功