治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~育児と自営業のメンタル~

以前読んだネットの記事に
育児をすることは数百万円の管理職セミナーを受けることと同じ価値がある
とありました。

タイトルで目を引くための誇張が入っているとは思いますが、頷ける部分もありました。
管理職ではありませんが、自営業をするにあたって育児の経験はとても大きいように感じます。

自営業は自分が経営者であり、実務も同時行います。
ですから給料が安い、仕事環境が悪いなど文句を言うことができません。誰かに雇われているのとは違いますから言い逃れできない状況。育児も同じ。自分の子供なのだからやるしかありません。子供に文句を言っても仕方ありませんし、放り出すわけにもいきません。(育児放棄する人はいますが、基本的には育てるしかないでしょう。)

 

自営業にはタイムカードがありません。
退社したらひと区切りということはなく、ある意味24時間仕事ができますし、自分の判断で仕事しなくても構いません。赤ちゃんを育てるときはまさに24時間体制。夜泣きや突然の発熱、嘔吐にも対応しなければいけません。保育園や幼稚園に預けられる時期が来るとその時間は育児が無くなりますが、準備、送り迎え、行事参加とそれなりにやることはありますし、発熱すれば連れて帰ってこなければいけません。いつ何時、何が起きるか分からないといえましょう。

 

自営業は給料が保証されていません。
従業員ならば毎月決まった給料が支払われるのが一般で、完全歩合制でない限り収入面を予測していけます。自営業ではどれだけ時間をかけて、どれだけ努力をしても、成果が出るとは限りませんし、利益がすぐに出るとも限りません。
育児は小さな子供相手ですからこちらの都合通りにはことが運ぶことはまずありません。赤ちゃんは言葉が通じないのであの手この手を使ってトラブルをやり過ごし、喋ることができるようになるとあの手この手の説得をしてやらなければならないことをやらせます。

 

育児の経験は
やらなけばならない、しかしほとんど自らコントロールしきれない仕事
と同じで、環境としては自営業者と似ていると思います。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院の屋号は長女、ロゴマークは次女にちなんだもの。院は子供のようなものと言えます。もしも独身で開業したら。もしも既婚でも子供がいない状況で開業したら。やっていけたかどうか分かりません。間違いなく今よりずっと仕事に専念できているでしょうから業績が上がっているかもしれませんが、大切なことは分からなかったかもしれません。


今は管理職ではありませんが、育児の経験と自営業の経験は重なることが多いと思います。

いい大人になっても、初めての子育てでは「育児の1年生」。失敗できるし、他人(特に両親)に頼られるし、頭を下げられます。
保育園に持っていくオムツに名前を書く際に、気づけば自分の名前を書いてしまったことがありました。このようなミスからも成長できる機会を得ます。

 


現在子育て期間の真っ最中。しばし、本業をする気が起きないくらい疲れてしまうこともあります。理不尽なことでイライラが募り爆発することもあります。
そのような毎日ですが、ある程度子供の手が離れた頃には、これらの経験が本業の方にも還元されて幸せな日々を送られるのでないかと期待しています。
子供が成長するように治療院も成長していくと。

 

甲野 功