治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~紫陽花の名所 明月院~

今日は梅雨らしい雨ですね。紫陽花のハイシーズンになりました。関東は今が紫陽花の真っ盛りになりつつあることでしょう。


屋号に付けるくらいですから、もちろん私は紫陽花の花が大好きです。あじさい鍼灸マッサージ治療院を開業する前から、この時期は紫陽花を見に出かけてきました。

 

紫陽花が映える時期ですし、屋号にちなみ、紫陽花の名所をいくつか紹介してみようと思います。実際に足を運んだ経験から注目点を書いていきます。ネットに出ている情報とあまり変わらないかもしれませんが、全て自分で撮影した写真を載せています。

 

まず第一弾は鎌倉の明月院

 

関東屈指の紫陽花の名所。鎌倉は紫陽花が有名ですが、特に3大紫陽花名所と言われる、メジャー中のメジャー。ど本命です。

 

JR北鎌倉駅から歩いて5分~30分くらい。途中の道にも紫陽花が咲いており、見応えがあります。駅から何もなく歩けば時間はかかりません。ですが、この時期だと、とても混雑していてなかなか明月院に到着しないかもしれません。
入場制限がかかるほど人気で、土日ですと駅から30分では入れないかもしれません。特に今年まで成就院という鎌倉3大紫陽花名所の一つで紫陽花が見られないため、明月院や長谷寺に人が集中しているそうですね。

 

明月院は別名あじさい寺と言われるほど境内に紫陽花が植えられています。そして「明月院ブルー」と称される鮮やかな青い花をたくさん咲かせています。

 

ここで大事なことですが、紫陽花という花はどこにでも定着して割と簡単に育てることができる花です。薔薇に比べればとても容易に育てることができます。そのため、紫陽花自体はそこら辺にたくさん綺麗に咲いています。
では、紫陽花名所となる場所とならない場所の違いは何でしょうか。それは紫陽花そのものの美しさもありますが、咲いているロケーションが大切なのです


道端の紫陽花でも綺麗なことは綺麗です。しかし、そこが名所とはなりません。寺社やお地蔵様、坂に山肌といった周りの環境で紫陽花の良さが変わるといえるのです。

 

明月院の境内は結構広く高低差があります。
下から紫陽花を見上げることも、上から見下ろすこともできます。紫陽花の周りにある建物や置物、庭などが紫陽花の良さを引き立てます。
特に明月院はお地蔵様が紫陽花の花束を手に乗せたり、竹に飾ってあったり、橋を背景に咲いていたり、と絵になる場面が多いのです。写真が好きな人ならば撮り甲斐のある場所です。実際にカメラを構える人は大変多いです。

 

明月院ブルーに限らず、多彩な色の紫陽花が咲いています。何より、それなりに広さがあるので歩きながら新しい紫陽花と風景を楽しむことができます。紫陽花とともに人の多さにも圧倒されるかと思いますが。


紫陽花以外にも庭園や竹林、寺社と見どころが多いです。この時期は、なるべく平日を選ぶか時間帯を工夫して訪れると楽しい場所です。紫陽花の名所、鎌倉の中でも1位、2位を争う紫陽花の名所。ここで撮影した写真は、よく利用しています。

 

関東の紫陽花の名所と言えば、まずここが挙がるのではないでしょうか。

 

甲野 功