治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~紫陽花の名所 箱根ガラスの森美術館~

あじさい鍼灸マッサージ治療院 箱根ガラスの森美術館の紫陽花
箱根ガラスの森美術館の紫陽花

 

今回も紫陽花の名所を紹介します。前回箱根登山鉄道に引き続き、連続で箱根になります。

 

箱根仙石原にある、箱根ガラスの森美術館です。


紫陽花の名所とか言う以前に、とても素敵な場所ですから、いつ行ってもお勧めできます。ヴェネチアンガラスを展示する美術館。四季折々の花が彩り、箱根の自然を活かした作りになっています。東京ディズニーランド並みに園内が清潔でトイレまで手入れが行き届いています。

 

紫陽花は園内に点在していますが、ガラス細工と一緒に飾られることで人工物と自然の花の対比が見どころです。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 箱根ガラスの森美術館園内
箱根ガラスの森美術館園内 自然とガラス細工が混在する
あじさい鍼灸マッサージ治療院 箱根ガラスの森美術館 紫陽花の時期
紫陽花の時期にはこのように

 

 

例えば、斜面に咲く紫陽花とガラスのオブジェが美しい景色を生みます。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 箱根ガラスの森美術館 谷の様子
谷を上から見た様子。斜面の高低差が美しい風景を産みます

 

ガラス細工の紫陽花が本物の紫陽花の隣にあったりします。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 箱根ガラスの森美術館 人口のオブジェと紫陽花
人口のオブジェと紫陽花が混在

 

とても美しい庭園と建物と並ぶことで紫陽花がとても映えるのです。

あじさい鍼灸マッサージ治療院 箱根ガラスの森美術館 美術館の建物
美術館の建物も趣向を凝らしている


薔薇も有名なので薔薇と紫陽花を同時に楽しむこともできます。標高が高いので、こちらも登山鉄道同様、7月中旬くらいまで紫陽花が楽しめます。

 

 

箱根は美術館がたくさんあります。メジャーなところから挙げれば
彫刻の森美術館

ポーラ美術館

ラリック美術館

星の王子さまミュージアム

岡田美術館

成川美術館
といったところ。

 

他にも
箱根マイセンアンティーク美術館

箱根北原おもちゃミュージアム

箱根武士の里美術館

箱根写真美術館
などもありますし、美術館とは違いますが箱根駅伝ミュージアムというものもあります。

 

美術館の激戦区と言える箱根でも、箱根ガラスの森美術館は私が一番好きな場所です。なお、上記に挙げた場所を全て行ったわけではないので、現時点の話ですが。

 

地形を活かした高低差のある展示。川が眼下に見られるロケーション。建物の美しさ。ガラス細工を自然に溶け込ませているところ。紫陽花を始めとした花の数々。

 

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 箱根ガラスの森美術館 館内の様子
館内の様子
あじさい鍼灸マッサージ治療院 箱根ガラスの森美術館 ガラス作品
ガラス作品
あじさい鍼灸マッサージ治療院 箱根ガラスの森美術館 雨に濡れる紫陽花
雨に濡れる紫陽花 

 

レストランではカンツォーネを聞かせてくれます。味も良く、家族で行ったときには長女がとても喜んでいました。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 箱根ガラスの森美術館 レストラン
レストランの料理


水車小屋で売っている砂糖を一切使わないジャムも気に入っています。


春先にはヴェネツィアのマント、仮面を貸し出してくれるサービス。とんぼ玉体験。子供連れにも楽しめる工夫があります。


行ったことは無いのですが、ライトアップされるクリスタルガラスのクリスマスツリーがとても素晴らしいとの評判です。

 

紫陽花を売りにしなくても人が集まるので特に紫陽花推しをしていませんが、隠れた名所です。初めて箱根に行こうと考えている人にどこを訪れたよいかと聞かれたら、登山鉄道→ケーブルカー→ロープウェイ→大涌谷→芦ノ湖遊覧船という一周コースか、この箱根ガラスの森美術館を勧めています。

新宿駅から高速バスも出ているので、機会があれば訪れてみてください。

 

甲野 功

 

★ご予約はこちらへ

電話  :070-6529-3668

メール :kouno.teate@gmail.com

LINE@   :@qee9465q

 

ご連絡お待ちしております。

 

こちらもあわせて読みたい

院長が勧める紫陽花の名所について書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ