治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~ホワイトテープ~

ホワイトテープ

スポーツトレーナーには必須アイテムと言えるでしょう。


テーピング技術はスポーツ障害を診る人間には必須といえるもの。アスレチックトレーナーの資格試験ではテーピング実技試験があるそうで、足関節のテーピングを制限時間内に正確にすることが課されるそう。このホワイトテープについて書いてましょう。

 

ホワイトテープの特徴は非伸縮性にあります。
伸縮性を持つキネシオテープとの一番の違いがこれです。キネシオテープは運動する際に固定と同時に可動性を保つことができます。キネシオテープでテーピングをした状態でスポーツをすることはよくあります。
対してホワイトテープは特に固定目的で使用されます。非伸縮性、すなわち伸びませんから関節の動きを制限することになります。キネシオテープとは固定力が大きく違うのです。

 

固定力があると言っても、ギプス固定ほど強いわけではありません。
実際には、相当しっかりと巻いたとしても、動いていくうちに少し緩んでくるので、それなりにスポーツができてしまうことも多いのです。ですから、ホワイトテープで固定しながらもスポーツ競技するということはあります。絶対に動かさないようにするには(骨折しているなどの状況)ではホワイトテープでは足りず、ギプスや硬性装具で固定するべきです。

 

臨床上、よくホワイトテープが使用されるのは足首(足関節)捻挫です。足関節の、特に内反捻挫は、スポーツで頻発する障害の一つ。スポーツトレーナーになろうとするならば、足関節のテーピングは避けて通れないものでしょう。スターアップ、ホースシュー、フィギアエイト、ヒールロックといった足関節テーピング特有のテクニックが知られています。
整骨院勤務時代には、足関節内反捻挫の患者さんにホワイトテープ固定をたくさん施しました。テープが緩んだりかぶれたりするので毎日取り換えます。そのため実戦経験がかなり積むことができたものです。

 

ホワイトテープのもう一つの特徴として、手でちぎることができるということが挙げられます。
キネシオテープではハサミで切らなければいけませんが、ホワイトテープならばハサミが要りません。使用機材が一つ減ります。外の現場では器材が一つでも減ることは、結構大きい影響なのです。
反面、手でちぎるのにはテクニックというかコツがいります。最初のうちは全くちぎることができません。ホワイトテープを練習するときはまずテープを手でちぎるところから始まります。
ちなみに後輩のダンス部員に教えたことがありましたが、一度もまともにテープをちぎれなくて、自主練習しておくということで、別の内容に変えた、というエピソードがあります。
また古くなったテープは糊が溶けてよりちぎるのが困難になります。メーカーによっても変わります。ですから、どのようなテープでもよどみなく手でちぎれるだけで、その人の技量が伺えます。

 

キネシオテープと併用して使うこともあります。
可動域を残す意味で、キネシオテープを使って固定し、一部の方向に対して制御を掛けたいときに更にホワイトテープで補強するといったやり方です。相手の要望を聞きながらその場で臨機応変に使い分けるようにしています。

 

うちは鍼灸マッサージ院の分類です。テーピング、特にホワイトテープ固定は柔道整復師が得意とする分野。あじさい鍼灸マッサージ治療院ではほとんど使用することはありませんが、私はこれでも柔道整復師ですから、何かあったときのためにホワイトテープも用意しております。特にダンス部の合宿に行ったときには使う可能性が高くなりますので。
ホワイトテープは忘れないようにしておく器材であり、技術なのです。

 

甲野 功