治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~阪口治療院~

昨日、東京医療専門学校鍼灸マッサージ教員養成科の1期後輩にあたる阪口誠一先生が開業した、阪口治療院に行ってきました。


最近開業したと知り治療院の場所を見てみると、なんと出身高校(國學院高校)の裏という、私にとってとても馴染みのあるところ。高校3年間通った場所。これは行ってみようと思いました。

 

阪口先生は教員養成科では1期後輩にあたりますが、同じ東京医療専門学校四ツ谷校舎で同じ時期に学んだ関係でもあります。私は本科で、阪口先生は専科で、ここでも一学年下でした。
私は鍼灸国家試験を終えて鍼灸師になってから5年間空いて教員養成科に進学しましたが、偶然にも阪口先生も同じように期間を空けて教員養成科に来たことになります。なかなか珍しい偶然です。
更に共通の知り合いが多数いるので会話がしやすい。そして私が教員養成科卒業研究で行った研究テーマを受けて別の方法を使って研究をしたのが阪口先生でした。実験研究した者として、あとに続いてくれたことはとても嬉しいことだったので、気になっていました。

 

普段は開業祝いの花を買ったり送ったりするのですが、私自身の体が本気で辛かったので純粋に治療を受けに、開業したての阪口治療院を訪れました。

 

もう仕事がらですが、どのような立地で周囲の環境がどのようなものか観察してしまいます。近くに立派な神社があり、渋谷区ながら商店街が残っている場所でした。うちと異なり商店街のコミュニティが残っているのは羨ましい限りです。中に入るとベッドが2床。私の他に患者さんがいました。そこで鍼と整体をしてもらいました。

 

公言していますが私は鍼灸師でありながら鍼を打たれるのが好きではありません。昔は嫌いでしたが今は苦手くらいになっています。どちらにせよ好んで鍼を受けることがありません。鍼を受けるのは教員養成科同級生が開業した時にお祝いを持って行き、そこで鍼を打たれたとき以来、2年振りでしょうか。今でも鍼への恐怖は若干あります

 

鍼を打たれてみて思ったことは、とても失礼ですが、驚いたことに鍼が痛くない、ということ。痛くないというよりも不安がないと表現した方がよいでしょうか


開業するくらいですから技術があるのは当然のことですが、元々鍼が苦手な私は、他の同業者にも些細なことが気になってしまい、安心して鍼を打たれることができません。ですが、手から感じる感触が臨床を積んだものと感じ取られ、恐怖心無く受けることができました。


私と1年しか違わないので、鍼灸師になってから10年目。資格を取ってから臨床現場で生きてきた手だと感じました。どれだけ学生時代に練習したり、学校付属の施術所(鍼灸院)で研修したりしたとしても、赤の他人である患者さんに対価(通常料金)を頂いて治療をしてきた人の手とてでは大きな違いがあります。ああ、この人は現場でやってきた人だ、と分かる手捌きでした。見習う、盗む技術があったので有意義な時間を過ごすことができました。

 

私は人さまの治療を生業としていますが、自身の体はとても張っています。腰から背中は本当に固いと思います。過去、練習相手も講師も、ほぼ全員がとても固いと驚きます。ですから痛くなく鍼を打つにはそれなりに技術が必要です。
久しぶりに鍼治療を受けて、自らの体がどれだけ消耗しているかが分かりました。これからは苦手だと敬遠しないで鍼治療も受けるようにしようと考えを改めさせられました。阪口先生ありがとうございました。

 

ホームページが無いそうなので情報をここに書いておきます。気になったら訪れてみてください。

 

はり・きゅう・整体 阪口治療院
 院長 阪口誠一
 場所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-4-20
 電話:080-9808-2440

 診療時間
 平日:10時から13時、16時~19時(19時最終受付)
 土曜:10時~15時
 休診日 日・祝

 

甲野 功