治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~今年の誕生日~

先週の土曜日12月2日は私の誕生日でした。節目の年、40歳になりました。介護保険を支払う世代に突入です。
毎年、誕生日のことに触れているので、今年もやってみましょう。生誕40周年の日の出来事を振り返ります。

 

その日は長女の保育発表会でした。小学校の学芸会にあたるイベントで、歌や楽器演奏、劇を保護者の前で披露します。幼稚園で言う年長である長女は今年が最後の保育発表会。
初めての保育発表会はお猿さんの役でした。3年前の保育発表会の日に次女が誕生したので、保育発表会というイベントは印象的です。お母さんが不在のまま、祖父母と父親が見守る中、歌って踊りました。
最後の保育発表会ではパジャマを着た娘の役でした。劇の演目が「オズの魔法使い」。夜寝る前の娘にお母さんが絵本「オズの魔法使い」を読み聞かせるという設定で劇が始まります。長女は最初と最後に出てきてナレーション的なセリフをいう役割でした。
3年前に比べれば大きな進歩です。歌もセリフも演奏も高度なことに取り組んでいました。我々大人の3年間とは別次元の成長ぶりです。

 

保育発表会が終わり次第速やかに職場に戻ります。ここから普段起きない連続治療が始まりました。偶然治療依頼が重なることはあるのですが、この日は異常なほど重なりました。

 

開業当初に一度来たダンサーの方が12時前に来院。もう何年もいらっしゃらなかったので連絡が来たときは驚きました。続いて2名組の患者さん。一人は常連さんですが、お連れの方は数年前に一度来たことがあるだけ。またも数年ぶり2回目の患者さんが続きました。<鍼+按摩指圧60分>→<タイ古式60分>→<鍼+按摩指圧90分>と続きました。タイ古式マッサージは体力を他のコースより消耗するので、3人目が終わった時点でかなり疲れてきました。

 

そこから間髪入れず<鍼+按摩指圧60分>の常連さん。鍼を刺す部位が多いので全体的に焦り気味でした。次が詰まっていますので。外まで患者さんを見送ったところで次の方がいらっしゃいました。5人目は<機能回復訓練>。障害がある方の筋力低下を予防するためのトレーニングをします。体力は使わないのですが神経をかなり使います。帰りの階段を降りる所までチェックします。ここで一息つけると思ったところどっと疲れが出ました。

 

そして最後に新規患者の学連選手。冬全前にキャンペーンを知って来院するはずでした。約束の時間から10分近く経っても現れません。電話がかかってきて道に迷ったとのこと。迎えに行こうと周りにあるものは何か聞いたところ、かなり遠くまで行っているようです。日も暮れて見たことがない患者さんを闇雲に探すのは危険と判断し、牛込柳町駅出口まで戻ってもらうように伝えました。
駅で合流して治療院に戻ったのが19時頃。そこから問診や治療を始めて終わったのが20時過ぎでした。最後の冬全前ですのでこちらもできる限りのことをしようと熱が入りました。

 

夕方18時半から自宅では、うちの両親と姉家族がお祝い会をしていました。そう私の誕生祝いを。主役不在で。
当初の予定から大幅に遅れてしまい、私が帰宅した時には姉家族は既に帰っていました。向こうも子どもが小さいですからね。
みんなが食べ終えたお寿司と手作りの誕生日ケーキが残っていました。ケーキは妻と娘が作ってくれました。保育発表会後に急いですませた昼飯から21時近くまで何も食べていなかったので食事にありつけることが嬉しかったです。食事をして胃が動き出すと疲労が一気に出てきます。食事をしてからは寝るだけでした。

 

40歳の節目の誕生日は、こんな日は初めて、というくらい忙しい誕生日でした。保育発表会に仕事、終わっていた誕生祝い会。この一日に現在が全て詰まっていたように思えます

 

娘が二人いて、最後の保育発表会をした。それを次女を含めた家族で見に行く。核家族のイベントです。
たくさんの患者さんと治療。私の本業そのものであり、存在意義でもあります。たくさんの患者さんが一番の誕生日プレゼントになりました。
両親や嫁いだ姉とその家族も含めた誕生日祝い。3世代で行ったイベント。姉家族とは一緒にできませんでしたが、我が家のメンバーが揃った場です。

私の両親は健在で、姉も結婚して家族がおり、私にも新しい家族ができて子どもが順調に育っている。仕事もいっぱいできた。20代の頃には無かった誕生日。どこかリゾート地に泊まるとか、イベントに出向くこともないけれど、40歳の前厄には地に足がついた一日だった。そんな印象の誕生日。現状に感謝しようと思う誕生日でした。

 

甲野 功