治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~駆け込み寺になる~

私の仕事は分かりやすいようで分かりづらいところがあります。


何をしてくれるの?行くとどんなメリットがあるの?


単純なようで難しい問題です。

 

資格免許でいうと私は以下のようなものを持っています。
あん摩マッサージ指圧師
鍼師
灸師
柔道整復師
各種民間資格(整体、リフレクソロジー、タイ古式マッサージ、スポーツマッサージなど)
鍼灸専門学校教員免許

最後の一つは鍼灸の専門学校で教員をしてもいいですよ、という免許で、残りはできる技術の分野を示しています。あん摩マッサージ指圧師ならば按摩(いわゆる世間一般でいうマッサージ)、指圧、マッサージ(オイルマッサージといった方が分かりやすい)をしても良いですよと国(厚生労働省)から認められていること。鍼師、灸師は鍼灸を人にしても良いですよというもの。柔道整復師は主に急性外傷を扱うスペシャリスト。あとは省略。

 

色々できるのですが、それをするとどうなるのですか?という疑問に答えるのが結構難しい。何でもできる分、一言で説明しづらいわけです。

来てくれれば身体が良くなりますよが大雑把な回答です。


腰痛、肩こり、膝の痛み、神経痛、婦人科疾患、風邪、捻挫、諸々対応できます。赤ちゃんからお年寄りまでいけます。その分、範囲が広すぎてむしろ何をしてくれるのか分からなくなるし、本当にそんなにできるわけ?と思われるわけです。

 

ということで考えたのは、誰かの駆け込み寺のような存在になること。あじさい鍼灸マッサージ治療院に行けば、甲野に言えば、何とかしてくれるだろう。そのような存在になりたいのです。とにかく心身の不調があれば第一選択として来てくれる場所。私が治療・施術するのか、他の医療機関を紹介するのか、何もしないのか、それはその時によりますが、困ったら相談してもらえる。

 

差し当たって、まずALL東京理科大学舞踏研究部の駆け込み寺になろうとしています。
もう10年以上前から現役部員から退部したい、部の運営がうまく行かない、練習しても上達しない、などの個人的な相談を受けてきました。そこから怪我をした、腰が痛い、肩が痛い、など体の不調を扱うようになりました。今は特に痛いところがないけれど大会前に調整をお願いしたい、ダンスが上手くなるようにしてほしい、という依頼を受けています。困ったらうちに来て、ということは常々発信しているので、少しは頼りにしてもらえるようになってきました。

 

次は東部日本学生競技ダンス連盟(学連)選手の駆け込み寺になろうとしています。
大学生だと体が痛くなったらどこに行けばいいのかよく分からないものです。整形外科?整骨院?整体?違いを理解している人はあまり多くないです。


「ホールドを張ると肩が痛い」→普通は話が通じません。
「クカラチャをすると腰が痛くなります」→問診時に実際にみせたら気持ち悪がられます。

 

東部ブロックの学連選手が困ったら頼ってくれる場所になっていく。実際に来院されなくてもメールで相談に乗る、大会会場で会ったら体を診てみる。信頼・信用される存在になるようにする。

 

そこから何をしてくれるのかを周知していく。ダンスが上達する身体作り。運動学。美容。慢性疾患。こんなことにも対応してくれるのだと知ってもらう。きっと予想していないことにも手助けできる。段々と東部以外の学連選手にも広まっていけるとよい。

 

更に学連以外の社交ダンス関係者にも駆け込み寺のような存在になる。
アマチュア選手もプロの先生も社交ダンス愛好家にも。ダンスの事が分かる治療院として信頼されるように。社交ダンスをしているならば大体が知っているような場所を目指す。富士学院やファーストプレイスのような。

 

まずALL東京理科大学舞踏研究部を基盤にしていますが、だんだんと東部学連全体に広がるようにしています。
何をしてくれるの?という疑問を、あじさい鍼灸マッサージ治療院に行けば何とかしてくれるという信頼に変える。

 

春東部戦を目前に控えている今、それに取り組んでいます。

 

甲野 功

こちらもあわせて読みたい

院長の考えについて書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ