治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~鍼灸専門学校学生の性格傾向に興味深い調査結果が~

森井健司先生提供 鍼灸専門学校生を対象にした性格検査Big Five
森井健司先生提供 鍼灸専門学校生を対象にした性格検査Big Five 結果として協調性の割合が極端に低い

 

Big Fiveと五臓スコアの関連性について

 

先日の東京医療専門学校鍼灸マッサージ教員養成科卒論発表会で出た議題の一つです。

 

この発表の中でとても興味深いデータがあったため、研究者の一人森井健司先生に一部資料を頂き、了承を得てこの文章を書かせていただいております。

 

Big Fiveは性格を
開放性
誠実性
外向性
協調性
神経症傾向
の5つに分類するものだそうです。


森井健司先生らはインフォームドコンセントを得られた東京、京都、福岡の鍼灸専門学校4校に質問紙形式で調査を行いました。その結果を発表資料で拝見しました。

研究自体はその結果と東洋医学における分類である五臓スコアとの関係を論じています。


その前段階である、鍼灸専門学校生のBig Fiveにおける性格分類の分布図を見てみると

 

誠実性   32.1%(119名)
開放性   28.1%(104名)
神経症傾向 24.3%(90名)
外向性   12.1%(45名)
協調性    3.2%(12名)
n数370 ※複数回答あり


となりました。

 

370名の調査というのはかなり大掛かりで教員養成科と言えど、学生の研究にしては大規模です。地域も関東・関西・九州と固まっておりません。資料としてもなかなかのものです

 

問題の中身なのですが、「協調性」性格が全体の3.2%に過ぎないという圧倒的少数であることが目立ちます。単純に偏っただけと素通りするには協調性の少なさは異質です。


卒論発表でこの表が出たときには、1位、2位に目がいったのですが、よくよく見直してみると協調性がわずか3.2%という。そのことに気付いて、会場でたまたま隣に座っていた東京医療専門学校齊藤秀樹校長に、つい話しかけてしまいました。

この件について座長も指摘しており、会場がどよめきました。

 

鍼灸専門学校生は極めて協調性が無いということか?と考えられる結果です

 

質疑応答で研究者の言葉によれば、誠実性が1位なのは日本の国民性もあるし、質問で「あなたは誠実ですか?」と聞かれれば、大体の人はハイと答えがちでは、とのこと。

そうだとしても協調性の割合が圧倒的に低いことは注目です。

 

Big Fiveについてネットで検索した論文からもう少し具体的な表記がないかと調べました。そこで関西大学社会学部の論文(2007年3月30日)から情報を引っ張ってきました。

一部記載順序を変更したのと、Neuroticismを「情動性」としていたのを森井健司先生らの論文表記「神経症傾向」に変更して挙げています。


誠実性(Conscientiousness)
開放性(Openness to Experience)
神経症傾向(Neuroticism)
外向性(Extraversion)
協調性(Agreeableness)

 

関西大学社会学部の論文では各性格を形容詞表現する「Big Five(形容詞)短縮版2005」というものが記載されていました。

 

誠実性:責任感のある、集中力がある、勤勉な
開放性:想像力に富んだ、機転のきく、洞察力のある、美的感覚の鋭い、独創的な、好奇心が強い
神経症傾向:悩みがちな、不安になりやすい、心配性な、傷つきやすい、動揺しやすい、神経質な
外向性:話し好きな、陽気な、外向的な
協調性:親切な、やさしい、寛大な

 

逆転表現の形容詞も記載してありましたが分かりやすくするために省きました。結果だけをみると「協調性」性格である鍼灸専門学校学生がとても割合が低いと言えます。


どのような質問方法にしたのか、
学校は4校なので学校としての偏りがあるのではないか、
など実態は分かりません。


人様の研究結果を、憶測であれこれ書くのは失礼なので興味深い結果が出たことを紹介するに留めたいと思います。

 

この文章を鍼灸専門学校関係者に目に触れてもらえれば幸いです。より興味があれば森井健司先生らの完成した論文をご覧になるとよろしいかと思います。

 

森井健司先生はこれから鍼灸専門学校の教員になられるそうです。将来を見据えたテーマであり、今後も続けられる良いものを選んだと思います。
臨床なり教育現場なり、ライフワークとなるような研究テーマに出会えることは幸せなのではないでしょうか。

 

甲野 功

 

★ご予約はこちらへ

メール  :kouno.teate@gmail.com
電話   :070-6529-3668
LINE@   :@qee9645q


ご連絡お待ちしております。

 

こちらもあわせて読みたい

鍼灸業界について書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ