治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~一人名古屋旅行~

あじさい鍼灸マッサージ治療院 伊勢神宮外宮の鳥居
単身名古屋・三重に旅行へ

 

新しい元号令和が始まりましたね。


4月30日はさながら大みそかのような雰囲気。200年ぶりの生前退位のおかげでこのようなお祝いムードで新元号を迎えることができました。


昭和生まれの私は小学校の頃に平成が始まる瞬間を体験しましたが、その時はこのようなお祝いムードなど皆無でしたから大きな違いです。昭和の末期及び平成に誕生した世代には初めての経験でお祭りムードでした。

 

その平成最後の「昭和の日」である4月29日に一人で名古屋方面に日帰り旅行に行きました。

 

新しい元号に代わる節目とあじさい鍼灸マッサージ治療院が5周年を迎えるにあたって次なるステージに進む感覚、そういった新たな変化が起きるときに色々と考える時間を取ることにしました。
大型連休ということで子供たちの世話を妻にお願いして本当に久しぶりに朝から夜遅くまで単独行動をしました。

 

朝6時の東海道新幹線始発に乗り、東京駅から名古屋へ。熱海よりは遠いですが京都、大阪、神戸よりはずっと近い都市。会社員時代によく出張に行ったことを思い出します。

 

名古屋駅からはそのままJR在来線で伊勢市に向かいます。最初の目的地である伊勢神宮外宮へ。急行電車なのに指定席券があるのに驚きました。運よく座ることができましたが、名古屋から伊勢市までの電車に乗っている時間は東京名古屋間よりも長いのです。三重県の伊勢神宮は遠いことを改めて知りました。伊勢神宮には過去2度お参りしているのですが、ここまで遠かったのかと。

 

9時半ごろ、JR伊勢市駅に到着。改札を出ればすぐに伊勢神宮外宮への参道です。


天皇退位と新天皇即位を控えて、より多くの人がお伊勢参りをすることが予想されます。事前にチェックしていた週間天気予報では雨だったのですが、夕方から雨に変わっており日中は曇りで雨が降らないことが分かっていました。そのせいか今日のうちにお参りをしようとする人が多かったようです。


3度目の伊勢神宮外宮へ。過去2度訪れているのでまっすぐに正殿へ向かいお参り。初めて訪れたときは隣だった正殿も前回同様、式年遷宮によって隣に移動していました。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 伊勢神宮外宮正殿
伊勢神宮外宮正殿


他の別宮参拝はそこそこにして内宮へ向かうことにしました。正殿が混んでいることは予想通りですが、小さな社の別宮まで参拝客で行列ができていることに驚きました。

 

外宮前から市営バスで内宮へ。まだ午前中だというのに道路は渋滞しており、もっと手前のバス停で降りて歩けば良かったと後悔しました。

 

内宮の参道前にある有名な鳥居前で下車。五十鈴川を渡り内宮へ向かいます。


神道の最高神であり、天皇家のルーツとされる天照大御神を祭る伊勢神宮内宮。広大な敷地に神域という雰囲気は3度目の訪問でも変わりません。

そもそも伊勢神宮の正式名称は「神宮」。神宮と言ったら伊勢神宮を指す神宮の中の神宮。内宮、外宮を含めて125社の総称を伊勢神宮(正確には神宮)としています。別格とはこのことです。

 

まずは五十鈴川でお清め。かつては全身を川に浸かりお清めをしたのですが、現在の一般参拝者は手を洗う程度。五十鈴川のお清めが神社にある手水舎の原型と言われているので感慨深いものがあります。

あじさい鍼灸マッサージ治療院 五十鈴川
伊勢神宮内宮に流れる五十鈴川


歩を進めて正殿へ。途中の自然と調和した末社や摂社を眺めながら歩きます。大きな神社らしい広々とした空間を思い出しながら歩き回りました。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 伊勢神宮内宮の境内
伊勢神宮内宮の境内 別宮に向かう道


正殿は階段下からしか撮影ができないのでいつも通り撮影。しっかりとお参りをしてきました。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 伊勢神宮内宮正殿
伊勢神宮内宮正殿 階段をのぼり参拝


正殿を参拝したあとは荒祭宮を参拝。今回唯一参拝した別宮でした。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 内宮別宮、荒祭宮
別宮、荒祭宮

 

 

お伊勢参りの楽しみはおはらい町、おかげ横丁で食事や買い物をすることもあります。
その土地のものを食べることまではお伊勢参りに入ると言います。ところがあまりの混雑に滅入りました。過去2度のお参りは平日に来たので祝日の伊勢神宮は今回が初めて。おはらい町もおかげ横丁も満足に歩けないほど。過去二度赤福を本店で食べてきましたが、とても近寄れる雰囲気ではありません。きちんとした食事を諦めて屋台の食べ歩き程度にしました。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 おはらい町
おはらい町もおかげ横丁も大混雑

 

目抜き通りを通り過ぎ、バス停そばのお店で伊勢うどんを食べて昼食としました。

あじさい鍼灸マッサージ治療院 伊勢うどん
伊勢うどん

 

バスで近鉄五十鈴川駅へ。予定よりも行動を早めて名古屋に戻ることにしました。

五十鈴川駅から近鉄で名古屋駅まで戻り、そこからJRに乗り換えて熱田駅を目指します。前回のお伊勢参りで果たせなかった熱田神宮の参拝を実現させるためです。

 

熱田神宮は三種の神器の一つ、草薙神剣が祭られています。一度は行ってみたい神社でした。名古屋から10分足らずで着いた熱田駅から駅前の熱田神宮を訪れました。過去2回訪れた伊勢神宮よりも時間をかけて散策しました。立派な本殿もさることながら境内にはそれ以外にも色々な見どころがあって面白かったです。特に清水社の「お清水」というスポットは久しぶりに何か得体の知れない雰囲気を感じました。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 熱田神宮本殿
熱田神宮本殿

 

JR熱田駅から再び名古屋駅に戻ります。ここで家族へのお土産を購入しておきました。次なる目的地は地下鉄覚王山駅。


業界では有名な美容鍼の「こもの鍼灸院 覚王山」で鍼を受けることも今回の目的の一つでした。栄駅を通り過ぎて覚王山駅を下車。今年2月にオープンしたこもの鍼灸院覚王山に向かいました。電気を流す美容鍼を生まれて初めて体験してきました。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 電気を流す美容鍼を初めて体験
電気を流す美容鍼を初めて体験する

 

 

こもの鍼灸院を訪れたことは、また後日改めてまとめます。


その後は名古屋駅まで面識のある鍼灸師の先生に送っていただきました。

 

駅前で夕食に名古屋飯を食べようと、「ここならまだ並ばないで済みますよ」と教えてもらった駅前のビルに入ったのですが、味噌煮込みうどんを食べるのに40分ほど待ちました。帰りの新幹線は遅い時刻で切符を買っておいて助かりました。ここまで待つとは思いませんでしたから。家族へのお土産も事前に買っておいて本当に良かったです。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 味噌煮込みうどん
名古屋駅で食べた名古屋飯、味噌煮込みうどん

 

東京駅には23時前に到着し、帰宅したのは23時20分頃でしょうか。日帰り一人旅が終わりました。

 

お参り、食事、買い物、美容鍼体験、交流、などありました。加えて膨大な移動時間に3冊の本を読み、今後のことを考えました。
これまでをリセットする機会になりました。


特別に4月30日に新規の患者さんを診た以外は暦通りに休んだゴールデンウイーク。ここまで仕事をしないでいた事も無かったと思います。

名古屋旅行では一人自らを見つめ直し、これからの身の振り方を考える大事な時間になりました。仕事とも家庭とも離れた一日で新たな時代、新たなステージを迎える準備をすることができたのでした。

 

甲野 功

 

 

★ご予約はこちらへ

メール  :kouno.teate@gmail.com
電話   :070-6529-3668
LINE     :@qee9645q

 


ご連絡お待ちしております。

 

こちらもあわせて読みたい

院長の日常を書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ