開院時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休み:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~タイで起きた妊婦死亡事故~

ネタりかより タイで起きた妊婦死亡事故
ネタりかより タイで起きた妊婦死亡事故

 

ネットニュースサイト「ネタりか」で以下のような記事が載りました。

 

足裏マッサージで妊婦が意識不明に 流産し半年後に死亡(タイ)

妊婦さんが足裏マッサージを受けたところ、その最中に意識不明となり、結果死亡したという内容です。


本文を下記に載せておきます。


妊娠中の治療や薬の服用などはできるだけ避けたほうが良いと言われているが、タイでは妊娠中の女性が足裏マッサージを受けている最中に意識不明に陥り、流産する出来事があった。しかも半年後にこの女性は息を引き取ってしまい、妊婦がマッサージを受けることの危険性が浮き彫りになった。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

ダンサーでモデルのアルバイトをしていたウィラワン・ケドケスリさん(Wirawan Kedkesri、25)は今年の1月11日、タイのチェンマイにある足裏マッサージ店を訪れた。ウィラワンさんは妊娠中だったが、特にマッサージ師から注意を促されることもなく、そのまま足裏マッサージを受けたようだ。

ところがマッサージが始まって間もなくウィラワンさんは突然、意識不明に陥ってしまった。スタッフはすぐに救急車を呼び、心肺蘇生を施したという。しかしウィラワンさんは病院へ搬送されるなかで脳卒中と心停止を起こし、お腹の子を流産した。

ウィラワンさんは肺の血管が突然詰まる肺塞栓症、および脳の血管が狭窄したり閉塞し脳細胞に血液が充分に行き渡らなくなる虚血性脳卒中を起こしており、後に脳死と診断されたが人工的に昏睡状態に置かれ、生命維持装置をつけて命を長らえている状態になってしまった。

彼女には5歳の息子がいるが、病院のベッドに横たわるウィラワンさんを心配そうに覗き込む息子の姿が切ない。それから家族は6か月間ウィラワンさんの回復を信じてきたが、彼女の叔父であるチャイワット・カームヤさん(Chaiwat Khamya)は「ウィラワンは回復の兆しが見られないため、このまま目覚めることはないだろう」と話していた。

そして今月19日、家族や親戚の判断で生命維持装置が外されることとなり、ウィラワンさんは静かに息を引き取った。

チャイワットさんは、記者団に対して「生命維持装置を外すことは非常に難しい決断でした。しかしウィラワンは今、平和を感じていることでしょう」と語っている。

プーピン・パレス警察の発表では、ウィラワンさんの親族らは施術を行った足裏マッサージ店の女性マッサージ師スザンヤ・カウィーさん(Suthanya Kawee)に対して過失行為と傷害罪で1月に告訴していたが、さらに業務上過失致死で告訴することを検討しているという。警察も「店のスタッフは妊婦である彼女に対して、健康被害をもたらす可能性のあるマッサージをするべきではなかった」と述べている。

また、タイ伝統代替医療開発局の局長であるマルト・ジッチェドシリ氏(Marut Jitchedsiri)は、タイ伝承医学に基づいたタイ古式マッサージ師だけが施術するべきだと訴え、「国の保健省が管轄するタイ古式マッサージの資格を持った専門家であれば、妊婦がマッサージを受けても良い状態にあるのか見極めることができたはず」と語った。

タイではマッサージ店が氾濫しているが、足裏マッサージのような同様の施術を行う店は今後、妊婦に対応するためのガイドラインが必要になってくることだろう。

画像は『The Sun 2019年7月22日付「‘KILLED BY A MASSAGE’ Pregnant model, 25, dies and loses unborn baby six months after falling into a coma during foot massage in Thailand」(Credit: VIRAL PRESS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

 

 

大変痛ましい事故です。私は二人の子供の父親であり、「あん摩マッサージ指圧師」免許を持ちます。被害者側も加害者側も理解できる立場ですので、この件についてどうしても触れないといけないと思いました。

この記事だけでは詳細がわかりませんが、3つポイントがあると思います。日本に置き換えても重要なことです。

 

●無資格・無免許のマッサージ店が横行している現状
●無資格・無免許で何が困るのか
●施術者の技術

ひとつひとつ書いていきます。

 

●無資格・無免許のマッサージ店が横行している現状

記事の最後にこのようにあります。

また、タイ伝統代替医療開発局の局長であるマルト・ジッチェドシリ氏(Marut Jitchedsiri)は、タイ伝承医学に基づいたタイ古式マッサージ師だけが施術するべきだと訴え、「国の保健省が管轄するタイ古式マッサージの資格を持った専門家であれば、妊婦がマッサージを受けても良い状態にあるのか見極めることができたはずと語った。


タイではマッサージ店が氾濫しているが、足裏マッサージのような同様の施術を行う店は今後、妊婦に対応するためのガイドラインが必要になってくることだろう。


この状況は日本と同じです。本来、法律において医師もしくはあん摩マッサージ指圧師以外の者が業として(不特定多数の人間に対して施術するという意味)マッサージ行為を行うことが禁止されています。しかしながら取り締まりが無いため野放し状態です。


世間一般ではマッサージに国家資格があることを知られていないですし、分かっていても無資格・無免許で行う人間が多数います。書き出すときりがないのですがリラクゼーション行為に関しては国が職業として認めてしまっているのが現状であり、規制が全くない状態です。
最近も芸能人が整体で肋骨が折れたという報道がありますが、何のお咎めもないようです。おそらく術者はあん摩マッサージ指圧師免許を持っていないようですが、そこに報道が触れることはありません。

タイでも国が管轄するマッサージ師の資格があるようですが、そうでない人も多数いるようです。前提条件としてこの状況が問題だと考えます。日本でも同様です。

 

●無資格・無免許で何が困るのか

ではマッサージ程度で何が問題のか?という疑問があることでしょう。この事故が特徴的な出来事ですが、危機管理能力が一番の問題となるのです。

健常者であればマッサージをしたところで考えられる問題はもみ返し、肋骨骨折、内出血といったところでしょうか。肋骨骨折は一大事ですが大きな悪影響は比較的少ないです。これに首を強く捻る、背骨に強い圧を加えるといったいわゆる整体(矯正)手技を行うと脊髄損傷といった大きな事故の危険性が高まります。

私もリラクゼーション出身で無資格・無免許でこの世界に足を踏み入れた人間です。その立場を通ってきたのでよくわかりますが、リラクゼーションの人間は医療知識が乏しいのです。当人は勉強しているつもりでも医療国家資格のために3年以上専門学校に通う人間とは雲泥の差です。そもそも知識不足という認識もありません。
たまに国家資格持ちよりも勉強していると言い張るひとがいますが、国家試験という厚生労働省管轄の試験によって選別された人間とは質が違います。まず起きないだろうというリスクまで勉強するのが国家資格です

今回の事故も記事には死因が肺塞栓症と虚血性脳卒中と出ています。おそらく妊婦さんの足に血栓ができていたのではないでしょうか。お腹に胎児がいると血管が圧迫されて足が浮腫みやすくなります。つまり血流が滞りやすくなります。そうなると血栓ができやすくなるのです。
血液は体外に出るとすぐに凝固(固まる)性質がありますが、滞った場合でも固まることがあります。心臓病(例えば心房細動)がある方は血栓ができやすいため血液をサラサラにする薬を飲むのはそのせいです。詳しい状況が分かりませんが、妊婦さんの場合には頭に入れておく内容です。

足裏マッサージを行った結果、どこかに引っかかっていた血栓が飛んで肺および脳に行って詰まらせた可能性があります。司法解剖をしたと思われますが記事には出ていないため症状が起きた原因が不明であるためあくまで憶測になりますが。

このようなことは稀だと思いますが可能性がゼロではありません。こういったことを理解した上で妊婦さんに触るかが資格免許を持っているかどうかの一番の差です。
施術中の些細な変化にも、頭の片隅にリスクを想定していれば反応できます。確かに資格を持っていても不勉強な人もいることはいますが、国家試験という最低ラインを乗り越えているならば、ちょっと注意しておかないといけないなと身構えるはずなのです(そのための免許制度ですし)。

 

施術者の技術

知識面では上の述べたように危機管理の意味で大切です。だからといって知識があればそれでいいのか?という話です。実際に行う技術面も重要です。

私は国家資格のあん摩マッサージ指圧師になる前にリフレクソロジーを学んで実際にお客さんにしていました。この記事に出ている足裏マッサージとはどのようなものかが判断できませんが、足裏マッサージがリフレクソロジーに類似するものだとすると、技術的な注意が必要になります。


足の裏、解剖学でいう足底はとても頑丈です。日常体重を支えている部位ですから。足底はほぼ揉み返しがありません。
本当に強烈なやり方(木の棒を使って全力で押すとか)をしない限りほぼ大丈夫です。そして誰がやってもそれなりに気分よくなります。
勉強がてら身分を隠してリフレクソロジー、足裏マッサージのお店に行ってきましたが下手でもそれなりの満足感が得られます。もちろん抜群に上手い人もいますが。

何を言いたいかというと技術が稚拙でも商売になるということ。これは大きいです。※不潔な部分である足の裏を人に触らせるという優越感も加味されると言えますが。

やる側からすると首や背中と違って気兼ねなくできてしまうわけです。他の部位へのマッサージに比べて割と簡単に習得できてしまうと言えます。そこに危険があると考えます。

リフレクソロジーに関して言えば、効果が想像以上に出ることがあるのです。
全身の血流が良くなるので足底だけなのに肩や頭までポカポカするということがあります。実際に出会ったケースではお酒のまわりがとてもよくなり、普段なら問題ない量のお酒でもすぐに酔っ払ってしまうというもの。他に(これは実体験ですが)胃腸が活発化して猛烈な便意が生じてトイレに駆け込む事態になる。
足の裏だけといっても(おそらく世間で考えているよりも)効果が出てしまうことがあります。
反対にこのことを活かして寝たきりの入院患者に行い褥瘡予防に活用するというやり方もあるようですし、私ならば最初にリフレクソロジーをして全身の血行を良くしてから鍼なり按摩指圧なりで局所に刺激をするやり方を取ることがあります。
失敗しづらいのに効果があるのが足裏マッサージだと私は考えていて、だからこそ危機管理は必要です。

また鍼灸師ならば知っている知識ですが、三陰交という内くるぶしの上にあるツボ(経穴)は子宮を収縮させる効果があるため安定期に入っていない妊婦さんには注意が必要と言われます。三陰交は婦人三穴と称される婦人科系疾患によく効くツボですが状況によっては悪影響になることも。リフレクソロジーの学校でも、あん摩マッサージ指圧師の学校でも、妊婦さんには足、特に足首まわりの刺激は細心の注意を払う(むしろ触らない)ように言われたものです。
この記事に出ている「足裏マッサージ」がどのような手技なのか不明ですがそういった点も気になるところです。足首までマッサージしたか定かではありません。ですが、このような、人によっては都市伝説のような、知識も持ち合わせた上でマッサージをした方がよいでしょう。お腹に胎児がいる妊婦さんに対しては。

マタニティ関連は大きな市場となるため外部からの参入も多々あります。知識があっても実際に触るには技術が伴わないといけません。健常者なら問題がなくとももう一つの命を抱えている人にはきちんとした技術も必要です。知っているとできるは大違いと言いますが。

今回のタイで起きた事故は日本でも他人事ではありません。

甲野 功

★ご予約はこちらへ

 

メール  :kouno.teate@gmail.com
電話   :070-6529-3668
LINE    :@qee9645q


ご連絡お待ちしております。

こちらも合わせて読みたい

業界関連について書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ