開院時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休み:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~地域散策 コボちゃん像~

あじさい鍼灸マッサージ治療院 コボちゃん像
神楽坂商店街にあるコボちゃん像

 

神楽坂に縁のある著名人は誰でしょう?

 

一番有名なのは夏目漱石氏ではないでしょうか。神楽坂にほど近い、夏目坂に住み、小説「坊ちゃん」には飯田橋にある現東京理科大学(神楽坂校舎)の前身である東京物理学校を登場させています。


他にも尾崎紅葉北原白秋といった多くの文豪に愛され、山田洋次監督を筆頭に多くの映画関係者が利用した旅館もあります。故田中角栄元総理も神楽坂に通った人物です。
最近ですと倉本聰脚本のドラマにより神楽坂は復活を遂げたと言えて、主演を務めた嵐の二宮和也さんは神楽坂の救世主かもしれません。

 

数多くの著名人と縁のある神楽坂ですが、漫画家である植田まさし氏もその一人です。4コマ漫画「コボちゃん」が有名な植田先生。神楽坂在住だそう。

 

植田まさし先生は地元にも貢献しております。私の母校である新宿区立市谷小学校にも開校90周年記念のイラストを寄稿してくださいました。東京メトロ東西線神楽坂駅の案内掲示板にもイラストを描いてくれています。地元を大切にしている先生です。
余談ですが、アンパンマンの作者、故やなせたかし先生も新宿区在住で名誉新宿区民となっています。今後、植木まさし先生もそうなるかもしれませんね。

 

さて、神楽坂の目抜き通りにブロンズ製のコボちゃん像があるのをご存知でしょうか?設置されたときは大々的に行ったようです。

新宿区ホームページ 4コマ漫画「コボちゃん」ブロンズ像が神楽坂に登場

場所は神楽坂六丁目。東西線神楽坂駅出口からほど近い場所です。神楽坂坂上と言われるエリアです。

設置されたのが2015年ということですから割と最近のことですね。まだまだ知る人ぞ知るという感じでしょうか。


見上げるような大きな像ではなく、1mほどの大きさ。そこまで目立つ感じではありません。歩いていて目に留まったくらいの印象です。
遠方から来る人はコボちゃん像を目当てにしていても見つからないことがあるようです。郵便ポストの横、出版社の前に設置されています。ポストが赤くて目立つのでそこを目印にすると見つかりやすいでしょう。

 

有名な観光サイト、トリップアドバイザーにも紹介されています。しかも新宿区内のランキングでなかなか順位が高い。

神楽坂を象徴するようなモニュメントとは言えませんが、あれば気になる存在でしょうか。

 

このコボちゃん像は洋服を着ていることが多いです。その服も頻繁に変わります。季節によってはマフラーをしたりニット帽を被ったり。トリップアドバイザーのサイトにもいくつか種類が出ていますが、レパートリーがたくさんあります。おそらく地元の人が着せているのでしょう。ブロンズ像なので色は単色ですから目立たないのです。サイズも大きくありません。目立つように工夫しているのでしょう。

 

なお、つい最近はマスクをしているだけでした。このコボちゃん像の姿が感慨深いものがあると思うのです。あれだけ品薄だったマスクを外にある像に着けられるようになった。新型コロナウィルスに負けない。そんなメッセージを感じるのです。

 

もう一つ個人的な思い入れがあります。
私が妻と知り合ったとき、妻は私の顔がコボちゃんに似ていると思ったそうです。初めて言われたので、そうか~と。二次元の平面から三次元のブロンズ像になったコボちゃん。このエピソードを思い出します。

 

神楽坂は魅力あるスポットやお店がたくさんあります。コボちゃん像もその一つ。だんだんと外出ができるようになり、神楽坂の街歩きをするときは見てほしいものです。

 

甲野 功

 

★ご予約はこちらへ

電話  :070-6529-3668

メール :kouno.teate@gmail.com

LINE@   :@qee9465q

 

ご連絡お待ちしております。

 

こちらもあわせて読みたい

地域のおススメスポットを紹介したブログはこちら→詳しくはこちらへ