治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~指圧の話 導入~

厚生労働大臣認可のあん摩マッサージ指圧師免許には、按摩(あんま)マッサージと指圧の3種類の手技療法を一つの免許としています。

そして、今回は按摩に続いて指圧のお話。

 

指圧は按摩に次いで大切にしていて、好きであり、得意な治療方法です。按摩に比べれば指圧は耳にする機会が多いことでしょう。


ある年代より上の方は、故浪越徳治郎先生の「指圧の心は母心」というフレーズを覚えていると思います。この浪越先生はマリリン・モンローを治したとされ、世界にSHIATSUを広めたと言われています。
以前、浪越徳治郎の孫で3代目にあたる先生をイベント会場でお見かけしたことがあります。スピーチの中で、未熟児で生まれ生死を危ぶまれたが祖父と父の指圧により蘇生して今元気に生きていると話されていました。

教科書によれば、按摩は中国、マッサージはヨーロッパが起源とされていますが、指圧は古法按摩や柔術の活法、それに整体療法を合せて作られた日本独自の手技とされています。指圧法として統合されたのが大正時代、法律で認められたのが昭和30年ということで按摩、マッサージ、鍼灸に比べれば新しいものです。

指圧は読んで字のごとし指で圧迫することが主体となります。臨床で使う場合は按摩と一緒に使うことがほとんどなので、うちの治療院では「按摩指圧コース」としています。
ただ、今までの経験で指圧のみで治療してほしいと言われることが稀にあります。その場合はベッドではなく床に寝てもらい、完全指圧モードで行います。


手技のレパートリーが少ないため、按摩よりも誤魔化しがきかないと個人的に思っています。また体重移動がベッドで行うよりも繊細であるため、指圧は大変だと思う反面、「よし、やってやるか!」と燃える方法でもあります。

甲野 功

こちらもあわせて読みたい

治療技術について書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ