治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~マッサージの話 概要~

「マッサージ」と聞くと、ほとんどの人は“衣服の上から揉んだり押したりするもの”だと思うことでしょう。一般的な認識はそれで構わないのですが、我々の世界だとちょっと違います。
厚生労働大臣認可あん摩マッサージ指圧師におけるマッサージとは、概ね、“皮膚の上から直接、主として求心性の手技を加えるもの”と定義しています。

私も学生時代、最初のあん摩の授業で釘を刺されたものでした。「皆さんが思っているものは実際には按摩ですよ」、と。

 

では巷ではどう表現するかと言えば、「オイルマッサージ」、「リンパマッサージ」などとなるでしょう。マッサージは直接皮膚に触るため、摩擦を軽減するオイル、パウダーなどを用います。そのため、一般的にはマッサージの前にオイルを入れることが多いのです。
うちの治療院でも混乱を避けるため「オイルマッサージ」と表記しております。

按摩指圧と異なる点は、主にどこに対して刺激しているかなのです。按摩、指圧は主に筋肉でありますが、マッサージは主に静脈、リンパを対象に刺激を与えています。対象が異なるため、圧を入れ方が変わります。
そのため方向性にも決まりがあります。「求心性」とは、末端から心臓に戻る向き、ということであり、マッサージは静脈やリンパに対して老廃物や滞った血液を戻すことを目的に行います。按摩と指圧では、主に遠心性で中央から末端に向けて手技を勧めていきます。

按摩の発祥は中国、指圧が日本ですが、マッサージはヨーロッパが起源とされます。かのギリシャの医聖ヒポクラテスも「医師たるものは医術、学理と共にマッサージを習得しなければならない」と説いたと言われています。日本には明治20年にフランス流のマッサージが医療按摩術として病院外科で活用されたのが初めてとされています(東洋療法学校協会編 あん摩マッサージ指圧理論 医道の日本社 より)。

個人的には按摩、指圧、マッサージの中でマッサージが一番難しいです。マッサージには他にない「滑らせる」という要素が入るため、体重移動・姿勢・手の柔らかさ・手首指の緻密さ、などが問われます。何より直接皮膚に触るためより手の感覚が鋭くなければなりません。恩師の先生を真似することはできるのですが、目に見える効果を出すにはなかなか難しい状況。

恩師のような少ない回数で目に見える効果が出せるマッサージを体得できるようになりたいものです。

甲野 功

こちらもあわせて読みたい

治療技術について書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ