治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~顔に鍼を刺すということ~

最近、芸能人が美容鍼をしている画像をSNSにアップすることが増えました。
顔中に鍼を刺して笑っている写真がブログやインスタグラムに載せています。

 

芸能人がこのような写真を出すことで、鍼治療が一般に広まるという利点もありますが、そうでないこともあります

顔を売ること、話題になることが仕事の芸能人にとって売り物である顔に、鍼が多数刺さっている画像は、鍼をよく知らないかたには衝撃的で、注目を集めやすいという狙いがあることでしょう。


閲覧数が上がることで、直接の収益が入ったり、ニュースに取り上げられたり、とったメリットがあるようです。


半面、その芸能人のアンチの方は、痛そう、(話題になろうと)必死すぎ、などネガティブなコメントを書き込むので、鍼そのものも悪い印象がついてしまうことがあります。
芸能人にとっては、閲覧数が上がればアンチでも構わないようなのですが、私としては一緒に鍼まで悪くされてしまうように思います。

 

また、あるニュースで指摘していましたが、写真を撮るために目を開けることも鍼師の立場からおすすめできません。
通常目の周りに鍼を打つときは目を閉じることが多いですし、リラックスする意味でも閉じている方が好ましいのです。目を開けると周囲の筋肉が動いて鍼が動いて抜けやすくなったり、出血しやすくなったりすることがあるからです。

 

 

そして一番憂慮することなのですが、

顔に鍼を刺すのは、美容のためだけと認識されることです

 

ある鍼灸専門学校の教員が最近の学生は顔に鍼を刺すのは美容目的しかないと思っている節がある、と発言している記事を目にしました。


顔には経穴がたくさんあり、体全体でも密集している部位になります。目や鼻、耳に効果のある経穴がありますし、顎関節に対するものもあります。

よく扱う症例では花粉症、アトピー、眼精疲労、顎関節症などに顔の経穴を使用します。


顔の鍼=美容では決してありません

 

そして重要なことが、顔面神経麻痺の治療において顔面部に鍼を刺すことがあるのです。

 

東京大学付属病院で勤務している鍼灸師の先生は、もっとも東大病院で鍼をすることが多いのが顔面神経麻痺の患者さんだと、授業で話していました。
私が週一日務める自治医科大学付属病院でも同様に顔面神経麻痺が鍼治療の症例で一番多いそうです。

私自身、何例か顔面神経麻痺の患者さんに対して鍼治療をしましたが、容貌に関わることなので、患者さんはみんな切実です。

そのような患者さんに対して、我々鍼灸師は西洋医学と連携を取りながら、患者さんの顔に鍼を刺すことがあるのです。

 

この文章を読んでいる方で、顔に鍼が刺さっている写真を芸能人のSNSやニュースで見る機会があったときに、
顔に鍼を刺すのは美容目的だけでない、重要な治療のために行うことがある
と知ってもらいたいものです。

 

甲野 功

こちらもあわせて読みたい

鍼技術に関するブログはこちら→詳しくはこちらへ