治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~第2回チャリティカフェについて~

来月5月15日(日)に開業2周年を記念して、チャリティカフェを昨年同様、開催します。
治療院を開放して妻の作った手作りケーキや地元牛込地区のコーヒー豆で淹れたコーヒーなどを用意し、お待ちしております。参加費は無料ですが、1円以上の寄付をお願いしております。集まった寄付金は全額(諸経費を差し引くことなく)、NGO団体のハンガー・フリー・ワールドとSOSIAに寄付いたします。

 

ここまでの内容についてはすでにお知らせしております。

ご存じのとおり、4月14日に熊本を震源とする大地震が起きました。その後、本震となる更なる大きな地震に見舞われ、現在熊本県はじめ九州地方は甚大な被害を受け、被災した方々の苦しい生活が続いております。

 

この事実を受けて、チャリティカフェの寄付先団体はどちらも海外支援の団体となっているため、この時期に国内をおろそかにしているようであり、寄付先を変更することを考えました。
しかしながら、昨年からのチャリティカフェというスタイルを2年目に変更することは好ましいこととは思えず、海外支援の寄付を前提として始めた以上、寄付先はそのままNGO団体に行います。

 

その分、熊本地震への義援金を個人で寄付することにしました

 

 

何度か触れているように、あじさい鍼灸マッサージ治療院の開業には、5年前の東日本大震災が大きく影響しております。震源地から遠く離れているとはいえ、地震直後は日常が大きく混乱し余震に苦しめられました。地元の助けになる治療院を目指して開業した経緯があります。今回の熊本地震もひとごとではありません。

 

こじつけた感もありますが、チャリティカフェで集まった寄付金総額以上の金額を熊本地震に寄付します


昨年チャリティカフェで集まった寄付金総額が16,360円でしたから、仮に今年も同額集まったとしたら端数を切り上げて20,000円以上を義援金として寄付します。
間接的ではありますが、チャリティカフェに来ることで熊本地震への寄付になると考えていただけば幸いです。

 

 

作家の曽野綾子氏は著書の中で、「支援は本当に必要な人に届くことが一番難しい」といった内容を述べています。多額の寄付金、物資があったとしても、きちんと必要な人の手元に届くことは困難であると、彼女は経験上知っています。中抜きされずにしっかりと届くかは、団体の力が大きく左右することでしょう。


多くの団体が今回の熊本地震に対しての募金活動を行っております。私は幸か不幸かほとんど熊本県にゆかりがないため、特定の市町村や個人に送金する理由がありません。そのため最も信頼できるとされる赤十字社に送ることにします。熊本県以外でも被害が大きかった地区はあるようですし。

 

黙って勝手に寄付をすればよいのかもしれませんが、せっかくチャリティイベントを行う以上、周知することで必ず義援金を送る約束とさせてください。
いま自分ができることを考えた上での決定です。よろしくお願いします。

 

甲野 功