治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~ブランディング~

今週、商人大学校実践編が始まりました。また全5回、勉強してきます。

 

基礎編で学んだことで特にこれは!と思った内容の一つがブランディングについてです。
世の中には多数のブランドがあり、ブランド価値、と言われるくらい商売をする立場にとっては重要なこと。個人業でも同様です。


ブランドとは何かと調べると、端的には
マーケティングを不要にするもの
と定義されます。
なおマーケティングとは「営業を不要にするもの」。すなわち自然に売れていく仕組みを作るのがマーケティングで、そのマーケティングすら不要にするものがブランドだというわけです。

 

ブランドができていれば、お客を探しにいく必要が無い状況になります。
新製品のiPhoneは特に広告を打たなくとも大いに売れるでしょう。宣伝しているのは広告というより発売情報を一般客に提供しているに過ぎません。ファンは自ら情報を取りに行って、あれこれ想いを募らせています。最新iPhoneを持つことがステータスになるくらい、ブランドが確立している商品です。
ここまでくると売りこむ側はとても楽でしょう(販売員はお客さん対応で大変でしょうが)。小売りに、製品を売り込み必要がほぼありません。

ブランドがあることは商売をする人間にとって一つの理想です

 

そしてブランドを作ることがブランディングとなります。
ブランディングの定義は、
顧客に自店(商品・サービス)のことを「刷り込み」、何かのきっかけで「想起」してもらい、自店(自分)を「選好」してもらい、また良い経験を刷り込んでもらうという循環をつくること
と講義ではなっていました。


これを私の立場に置き換えると
患者さんにあじさい鍼灸マッサージ治療院(もしくは甲野功)のことを刷り込み、何かのきっかけで想起してもらい、あじさい鍼灸マッサージ治療院を選好してもらい、また良い経験をす込んでもらうという循環をつくること
となります。

 

ポイントとなる単語も解説してみましょう。
刷り込み
顧客にあそこはどういうところか頭に入っている。言い換えれば患者さんにあじさい鍼灸マッサージ治療院はどのようなところか頭に入っているということ。そうなるように、刷り込ませないといけないわけです。
想起
自店を思い出してもらうこと。そして選択肢に入っていること。身体が辛い、どうしようという状況で、うちの存在を思い出してもらわないといけないのです。思い出してもらわないと選択肢にすら入りません。頭に浮かんだあと選択肢に入っていること。
選好
好みに合わせて選ばれること。立地、値段、内容などを加味して患者さんに選ばれること。
この3つを順繰りに回って循環していかないといけません。

 

刷り込み、想起してもらうために企業は多額の費用をかけてCMを出します。一度刷り込むことができても、別の製品が新しい刷り込みをしてきて上書きされてはブランディングの循環が途絶えますから、常にCMを打っているわけですね。想起されて(選択肢にあがって)から選好を経て(実際に商品・サービスを購入してもらって)、やっぱりこれは良かったと納得してもらう(刷り込む)。この積み重ねの結果、ブランドが生まれるというわけです。

 

講義で一番腑に落ちたもしくは感心したのは、継続して循環させる、という部分でした。
改めて説明されなくとも、刷り込み→想起→選好というのは何となく理解していました。当たり前と言えば当たり前の事ですし。
大事なことは継続すること。循環させること。この2点。
一度上手くいったからそこで終わりではないのですね。継続していかないといけない。

 

「やはり続けないといけないのか!」というのが本音でした。循環するということはどこかのスタート地点に戻るということ。そこからゴールはなくて延々と繰り返し続ける。
何となく分かっていた気がしましたが、継続しなければブランドは作ることができないことを教わったことが大きかったです。

 

ちょうどこの時期に社交ダンス情報ラジオ番組ダンスウェーブさんと関わるようになりました。
ダンスウェーブさんは開局以来ずっと放送を続け、SNSで発信し続けています。継続することで、自然と私の目に留まるようになり、広告を出してみようかなと考えるようになったのです。実際に関わることで、とても良くしてもらったと感じましたから、費用対効果がはっきり出たらまた広告を出そうという気になっています。
ブランディングとはこういうことなのだと身近な例で知ることになりました。

 

商人大学校を受講してブランディングについて整理することができました。そして継続して活動することを決めました。すなわち終わりが無い。
私が住む新宿区牛込の地域社交ダンス界でブランドを作るように施策を継続することにします。

 

甲野 功

こちらもあわせて読みたい

治療院経営について書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ