開院時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休み:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~ズンズン運動死亡事件~

 

先日はベビーマッサージについて書きました。

ベビーマッサージについて書くには「ズンズン運動」に触れないといけませんでした。あん摩マッサージ指圧師で二人の子供を育てる私には、あまり思い出したくない忌まわしいニュースでこれまで情報を取りにいかなかったのですが、ひと様の赤ちゃんにベビーマッサージをしたことで、改めて自身の気を引き締める意味で振り返ります。

 

まずこの事件がどのようなものだったのか。ワイドナショー関連のサイトであるため表現が少々恣意的であはありますが、以下のようなものです。


「ズンズン運動」姫川尚美逮捕!乳児相次いで死亡・・・首ねじったり揺すったり

 

以下本文

「免疫力を高める」「寝付きがよくなる」などと言って乳児にほどこした施術で、生後4か月の男児を死亡させたとして、大阪府警はきのう4日(2015年3月)、新潟・上越市のNPO法人「子育て支援ひろばキッズスタディオン」の姫川尚美理事長(57)を業務上過失致死容疑で逮捕した。

 

医師、マッサージ師などの資格なし・・・「医学的知識ない」と開き直り
姫川は自ら考案したという、乳児を抱いて揺さぶったり、首をねじ曲げるなどの施術を「ズンズン運動」などと称して各地でほどこしている。府警によると、昨年6月に大阪市淀川区で行った施術で4歳児の呼吸が止まり、救急搬送されたが6日後に死亡した。

 

藁にもすがる思い
13年2月にも、新潟で1歳の男児が死亡しており、業務上過失致死容疑で書類送検されたが、新潟地検は不起訴処分にしていた。逮捕となった事件のあとの昨年9月に法人は活動を停止している。逮捕容疑について、姫川は施術と死亡の関連を否定しているという。

施術の様子を写した動画や写真を見ると、首がまだすわっていない乳児を揺さぶって頭が後ろに折れ曲がっていたり、首を90度以上もねじったり、からだをエビぞり状態にしていた。

 

姫川はホームページで「ズンズンという揺らぎの振動とこの抱っこで、宇宙に包まれた私たちのからだの成長を感じて生きていける」などといっていた。独自の体験から編み出したと説明し、医師、マッサージ師などの資格はない。事故後も、テレビのインタビューに「医学的な知識も子どもの病状を把握する能力があるわけではない」「皆さん気持ちがいいというので続けてきた」と開き直っていた。「気持ちがいい」って乳児がいうか!?

 

生後数か月の男児に施術を受けさせた母親は、「首とか股関節をグリグリねじるんです。息子がどんなに大声で泣いても止めなかった」と話す。不審に思った母親は以後通わなかったという。よかった。

 

1時間1万~1万5000円。6000人に施術
法人は03年の設立で、上越市のほか大阪、京都にも事務所を構え、「免疫力」「アトピー性皮膚炎」「ダウン症」「障害」に効果があるといって「ズンズン運動」を受けさせていた。年間700人から1200人が施術を受け、1時間で1万円から1万5000円を受け取っていた。施術を受けた子どもはのべ6000人以上になるという。

 

死亡した男児の両親はきのう、「授かった子どもは希望そのものでした。姫川代表やサロンを信用してしまった自分たちを責めない日はありません。この苦しみを他の人たちに味わせたくありません」とコメントを出した。

 

井上貴博アナ「姫川容疑者はとくに、アトピー、ダウン症などに効果があるといい、親はわらにもすがる思いだったようです」

 

キャスターの齋藤孝は「赤ちゃんはか弱いし影響が大きいので、資格のない人が触れること自体おかしいですよ。昔から実証済みの方法だけ、あるいは小児科の科学的な根拠のある医者の指導にするべき」と当たり前のことをいう。医学でもどうにもならないものがあるから、こういう輩が出てくるんだろうに。

以上本文終わり。

 

 

 

 

 

「ズンズン運動」で検索すると赤ちゃんや乳幼児の首を大きく捻じった衝撃的な画像が多数出てきます。傍目から見れば虐待にうつり、子を持つ親としても医療従事者としても見るに耐えないものです。首の座っていない赤ちゃんの首を大きく捻る、エビ反り状態で抱っこをする。


それを良いことだと推し進め、保護者から高額な施術料をもらう。値段付けは個人の自由とはいえ、ぼったくりと言えるほどの金額です。何より生後数カ月の赤ちゃんに1時間も刺激を与えていればおかしくなるのは当然のこと。


医療知識もない。(安全に行う)技術もない。NPO法人をとりながら高価な対価を得る。私が同業者になるかは疑問ですが、同じように赤ちゃんに施術をする立場とするならば、本当に信じられません。しかも一度事故が起きているにも関わらず。書類送検までされてまだ続けるかと。

 

何を信じたのかは分かりませんが、我が子にズンズン運動をさせた親もやるせないでしょう。宣伝文句か口コミかにひかれて良かれと思って施術させたのでしょうか。少子化により、数十年前より子ども一人にかけるお金が相対的に高くなっています。高齢出産でより愛着があったのかもしれません。そこに付け込んだ手口でもあります。個人事業主である私にはやる側の気持ちも分かるので、なお嫌な気持ちになります。

 

そして無資格無免許者のマッサージを野放しにしてきた弊害でもあると言えます。きちんと法律で、医師、あん摩マッサージ指圧師でない人間が不特定多数の人にマッサージ行為をすることは禁止されているにも関わらず、何も法的規制をしてこなかった結果です。一度死亡事故が起きたのに不起訴として終わったこと。更に生後数カ月の赤ちゃんが亡くなっても、何も変わってこなかった。昨年から景品表示法という形で処罰をしたり、医療広告ガイドラインによって規制が具体化したりしてきましたが、まだまだ無法地帯のようなものです。

 

そしてこのようなことに。


<「判決軽すぎる」生後4カ月男児亡くした父、「ズンズン運動」乳児死…元理事長、猶予付き判決に

 

以下本文。

「ズンズン運動」のNPO法人の本部が置かれていた新潟県上越市の建物。大阪地裁は理事長だった女に有罪判決を言い渡した(平成26年9月撮影)

 

「ズンズン運動」と称する独自の施術で生後4カ月の男児を死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われたNPO法人「子育て支援ひろばキッズスタディオン」(新潟県)=解散=の元理事長、姫川尚美被告(57)の判決公判が4日、大阪地裁で開かれた。柴山智裁判長は「施術の危険性は容易に認識できた」として禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)を言い渡した。

 

判決によると、被告は昨年6月、大阪市淀川区の施設で、神戸市の男児に対し、身体機能を高めるとして首をもむなどの施術を行い、6日後に死亡させた。

 

柴山裁判長は判決理由で、平成25年2月にも新潟県の男児=当時(1)=が被告の施術後に死亡したことを挙げ、「施術の危険性を十分認識できたのに検証せず、注意義務違反の程度は大きい」と指摘。一方、執行猶予を選択した理由を「他の事案と比較しても非難の程度は限定的」と述べた。

 

男児の父親(46)は判決後、「軽すぎる判決で納得できない。息子に申し訳ない。今後、乳児向け施術行為に対する規制強化を国に求めたい」と話した。

以上本文。

 

 

 

 

執行猶予がつく判決です。

 

もしも私が同じようなことを起こせば間違いなく刑はもっと重たくなるでしょう
それは「あん摩マッサージ指圧師として専門的知識と社会的地位を有した状態で犯した事態は非常に重たい」といった判断をされると予想されるからです。既に一人死亡事故を起こして、更に繰り返してもう一名死亡させているのです。国家資格免許を持つ者として責任感が乏しく改善の余地がないと裁判で判断されると思うのです。

医療知識も資格もない素人だったから仕方ないよね、といったエクスキューズを感じてしまいます。

 

判決で執行猶予がつくなら、また別の人間が赤ちゃんをターゲットにした健康ビジネスで儲けようと画策することがあるかもしれません。たぶんあるでしょう。

 

2006年の「福岡海の中道大橋飲酒運転事故」で幼い子供が犠牲になり、社会的に飲酒運転防止が進みました。ズンズン運動事件では二人の赤ちゃんが死亡したにも関わらず、対応はなされていません。

 

甲野 功

 

★ご予約はこちらへ

メール  :kouno.teate@gmail.com
電話   :070-6529-3668
LINE    :@qee9645q


ご連絡お待ちしております。

 

こちらもあわせて読みたい

業界に関することについて書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ