治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~鍼の話 鍼の多様性~

今の治療院に限らず、「鍼を受けたいのですが」と訪ねてきたり言われたりしたときに必ず確認することがあります。


・今まで鍼治療の経験はありますか?
・経験があるならばどんな方法でしたか?


この2点を聞きます。

 

“鍼”とひとことと言っても種類・方法は多種多様。
鍼師ひとりひとりで全て異なると言っていいくらい違うもの
専門学生時代にこのように講師に言われて、そんなはずはないだろう、と内心思いましたが、今は納得です。

まず道具としての鍼には幾つも種類があります。
主に身体に刺す用途の毫鍼(ごうしん)、主に皮膚を擦ることに使う鍉鍼(ていしん)、ある程度の期間皮膚に留めておく円皮鍼、主に小児に使用する刺さない小児鍼、がうちの治療院で現在扱っている鍼の種類です(写真)。各々太さ、長さ、形状などの違いによって、さらに増えます。
なお鍼の種類はこんなものではなく、まだまだ沢山あります。

鍼の刺し方、治療理論になると更に多様です。
主だった分類には、経絡中医・現代の3つが一般的で、その中にも多くの学派、流派があります。そして例え同じ流派であっても治療家それぞれで解釈が異なることがあります。また、患者さんの症状によって鍼の手法を変える場合もあります。

もっと言えば鍼以外の治療方法を組み合わせるパターンもあります。例えば灸と鍼を同時にもしくは併用して行う。按摩と鍼を組み合わせる。電気を鍼に通電させる。などなど。

患者さんに限らず、
「鍼って一度に100本くらい刺すんでしょ」、
「鍼って痛いくらいじゃないと効かないんでしょ」
「鍼って言ったって身体に刺すものじゃないんでしょ」
などと話しかけられたことがあります。これらは一般的な鍼師としては「そういう場合もあるけれど、それば全てじゃないよ」と思ってしまう内容です。


語尾の「でしょ」が重要で、以前受けたもしくはメディアで知った鍼というものの印象が”鍼”というものの全てだと思ってしまっている場合が結構あります

このような方に、その方の頭の中にあるものと異なった方法の鍼(技法)を行うと
「こういうのを求めてきたのではない」
と不満に思うことが往々にしてあります。

従って必ず鍼に対して何を求めているのか把握するように心がけています。効果、手法、理論など、詳しく聞いてみるとこれまた沢山の種類がありあす。
私は患者さんの症状によりますが、最初はなるべく患者さんが求める鍼をしています。鍼治療というのは、何故か患者さんの信頼が無いと高い効果が得られないと経験上知っているからです。

鍼治療はとても幅広く奥が深いものです

甲野 功

こちらもあわせて読みたい

鍼技術に関するブログはこちら→詳しくはこちらへ