治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~政子石~

私は現在39歳になりました。あじさい鍼灸マッサージ治療院を開院してもうすぐ丸3年になります。
ここ最近、仕事の場でもプライベートな場面でも耳にする機会が増えた話題。

 

それが保活不妊症です。

 

保活とは保育園に入れるための活動。保育園に子供を預けられるかどうかで生活が大きく変わってしまうため、皆さん必死です。周知の通り東京都23区では保育園に入りたいが待機児童が多数います。我が家も保活にはかなり力を入れたので、他人ごとではありません。治療院を訪れる赤ちゃん連れのママさんと話すと、よく話題にあがります。

 

もう一つは保活以前の話になりますが、不妊症についてです。

同世代の知人からは、子供がなかなかできない、病院に行こうか考えている、既に不妊治療を始めているが結果が出ない、といった話を聞くことがありました。治療院に来られる患者さんの口からも、現時点で悩んでいる方、そろそろ気になりだしたという方、かつて不妊症でした、など様々な話が聞かれます。

 

保活も不妊症も、現代日本の社会的問題です。
特に不妊症は人口減少に歯止めがかからない日本にとっては重要なこと。産むという選択をしているのに、それが叶わないという厳しい現実。待機児童や労働環境が改善されなくて産む決心がつかない、という段階を乗り越えた、次にあるものです。

 

私は鍼灸師として不妊治療の勉強をしてきましたし、不妊に対する鍼灸治療の手法もある程度知っています。世間には不妊治療を専門として鍼灸院もありますし、そのような先生を知っています。
患者さんが不妊症だと告白されると、かなりデリケートなことなので、言葉を選ばざるおえません。私自身、不妊に対する鍼灸症例もほとんどありません。今のところ第一選択は人工授精、体外受精といった西洋医学だと一般的に言えると思います。その次に鍼灸や按摩指圧といった東洋医学、伝統医学の分野が来るのかなと考えています。

 

そういった医療面とは別に、困ったときの神頼みといったことで、患者さんに話すのが政子石のことです。

 

政子石とは別名姫石とも言われており、子宝に恵まれるご利益があるとされています。鎌倉時代の源頼朝が妻北条政子の安産を祈願した石だそうです。そのため政子石と言われいるそう。
鎌倉鶴岡八幡宮にある、旗上弁財天の裏にあります。鶴岡八幡宮の参道に入り、右手の橋を渡り、池の上にある弁天様(旗上弁財天)に向かいます。左側から本堂の裏にまわると2つ石がひっそりとあります。存在を知らなければ、まず気付くことはないでしょう。

 

個人的に鎌倉が好きですし、鶴岡八幡宮にも足を運びます。そこに子宝にご利益があるというパワースポットがあると知ったのは、割と最近のことでした。不妊症が身近になってきたときに色々調べてきたときにネット上に出てきました。

 

数年前に知り合いが不妊症で、顕微授精をしているが何度も失敗しているという話を聞きました。このとき、彼女のために何かできないかと思って、鎌倉に出かけた際に政子石にお願いをしました。彼女には一言もそのことは伝えていません。その後、ご利益があったのかどうかは判断しようがありませんでしたが、無事妊娠出産することに至りました
不妊治療がうまくいったおかげなのでしょうが、勝手にお参りして良かったな、と私は思っています

 

気休めかもしれませんが、不妊症だという方の話を聞くと鎌倉に出向いたときに勝手に政子石にお参り、お願いをするようにしています。何百年も前からあるのならば、それなりの力があるかもしれません。それで子供が授かる可能性が上がるかもしれないのならば、やっておこう。副作用があるわけでもない、高額な治療費がかからうわけでもない。何の損もないのだから。そう考えています。

ご利益がありますように。

 

甲野 功