治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~美容鍼モニター実施~

2月から3月末にかけて、学連選手限定の美容モニター募集をかけました。色々な挑戦でしたが大きな効果を得ることができました。

 

これをやってみようと思ったきっかけは、まず今年の初めにテレビ番組で美容鍼が特集されて話題になったことでした。ここで想像以上に美容鍼に対して世間が注目していることが分かりました。
あじさい鍼灸マッサージ治療院でも開院当初から美容コースがありますがほとんど力を入れてこなかったコース。知り合いにやるくらいで、強く推してはいませんでした。
それが、テレビ番組の影響か美容鍼を受けたいという新規患者さんが現れたことで少し気持ちが変わりました。単価を高くしているのに来るものなのだと感心しました。

 

その出来事の前の昨年11月。東部Ⅰ部戦において母校東京理科大学のシャドー選手が全員予選落ちし、最後の全日本をまたずして競技引退が決まりました。これはとてもショックで今まで以上に本腰を入れて後輩をサポートしなければならないと決意しましたし、学連選手を支援する治療院であろうと思いました。

 

これら2つの出来事から、学連選手のために美容コースに力を入れて行こう、学連選手限定でもっと受けやすい価格にしたい、と考え今回の行動に移しました。実技練習、リサーチ、広告、広報と複数の思惑が重なった、私にとっては大きな挑戦でした。

 

まず告知をTwitterのみにしました。FacebookやInstagramはもちろん、自院のホームページにも情報を載せませんでした。これはターゲットととなる学連選手、つまり大学生にはTwitterが一番効果的でかつTwitterのみで十分であろうと判断したからです。前年12月にも冬全応援キャンペーンをしていたので経験上Twitterしか反応が無いなと予想していました。

Twitterという媒体でどれくらい効果があるのか測る目的もありました。

 

結果は18名がモニターとして参加してくれました(他に問い合わせがあるも、実現しなかった人が若干名いました)。
この数字を多いと取るか少ないと取るかと考えると、間違いなく多いです。応募する人は女性でしょうから、男性一人で行っている治療院に来て顔を触られる、更には鍼を刺されることは大きな壁があります。


そもそも美容コースを推してこなかった男性一人の治療院に、女性が美容のためにわざわざ来ないであろうという予測があったからです。原則2名で来てくださいと条件を付けて障壁を下げたつもりですが、それでも簡単に来てもらえないだろうと思っていました。実は誰も応募が無いだろうと踏んでいて、事前に後輩2名にお願いしていおいたわけです。

 

それがこれだけ反応があったのはTwitterやホームページから甲野功自身が信用できると判断されたからだと考えています。Twitterは匿名性の高いSNSですが、ツイートやフォロワーの状況から行っても大丈夫とされたのでしょう。

美容に対して学連選手はどれくらい興味があるのかと、SNS上で私がどう判断されるのかを調査できました


後半には私の後輩が紹介してくれて「理科大の○○さんの紹介でメッセージしました」という人がいて、思わぬサポートを受けることができました。一言もお願いしていなかったので嬉しかったです。

 

モニター募集を通して実戦経験を積むことができました。
美容鍼自体を最初に学んだのはもう10年くらい前でしたが、いかんせん実戦経験がそこまでありませんでした。効果を出しつつ施術時間を短くする。それがテーマでした。
学連選手向けに価格を抑えるとなると鍼の本数を減らしたり、時間を短くしたりする努力が必要。これまでやってきた施術内容からいくらか省くために試行錯誤しました。
幸い対象者は10代後半から20代前半の女性ですから、効果が出やすい。少し内容を減らしてもできそうだと確信しました。
またモニター募集期間にそれまで知らなかった美容鍼の概念をセミナーで知ったので、それを取り入れるかどうかも考える機会でした。

 

諸事情により鍼を使わないで施術をしたモニターさんが2名いましたが、それもまた新しいアイデアを生むチャンスでした。新メニューを作るきっかけになったのです。そして過半数がラテン専攻選手であり、アンケートにより新しい需要が見えてきて、別のアイデアが生まれました。それについても実行中です。

 

そして重要なことは、18名中15名が鍼治療未経験でうちで初めて鍼を体験したということです。鍼灸受診率を上げたい鍼灸業界ではとても喜ばしいこと。若い選手が鍼を受けることで鍼灸受診率が少しでも上がればと願います。

 

美容(顔を整える)だけでなく、競技ダンスに活きる事まで追加できればと考えています。そこが根本の狙いです。現役の選手、しかも初対面の他大学選手と接してみて新しい情報、経験、更に視点を得ることができました。


ただ美容鍼をするのではなく、届けたい層に届けるためにアクションを起こしてみる。
その結果、課題もたくさん見つかりましたし、成果もたくさん見つかりました。この経験を糧にあじさい鍼灸マッサージ治療院は新しいステージに進む、そのような気になっています。

 

甲野 功

こちらもあわせて読みたい

学連選手向けに書いた他のブログはこちら→詳しくはこちらへ