治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~年数をかける、年数がかかる~

治療院の経営と運営を一人だけで行っていると、物事が素早く進む場合と時間がかかることの両面があります。

 

組織と違って意思決定については、私一人なのでとても早く行えます。

日本の企業、部活、コミュニティといった組織は昔から会議のための会議が横行し誰が責任者で誰に意思決定権があるのか曖昧にして物事の決定に時間がかかることが多かったように思います。


いまやベンチャーから世界的企業に成長した「楽天」ではスピード、スピード、スピード!というスローガンを掲げています。やることが遅くては世界と渡りあえません。また政治家はよくスピード感を持って取り組みたいと災害対策や政策について発言します。

素早く物事を決めて行動することは重要であり武器と言えるでしょう。

 

反対に一人しか人員がいない私の立場ですと、」絶対的な人員が足りません。

本業である患者さんへの治療、施術をしているときは他に何もできません。それ以外にも会計、洗濯、掃除、カルテ整理、経営、出張治療の際の移動、など諸々の作業や業務がついてまわります。人を雇う人件費を削る代わりに何でも自ら行います。


それ故に物事を進めるのに時間がかかってしまいます。スケジュール管理の問題と言えばそうなのですが、パッと浮かんだアイデア、飛び込みの仕事、単にやる気が起きないなど状況は変わるので理想としていることに現実がついていかないのも確かです。

 

一つ具体例を出すと治療院のプロフィール写真を変えようと思いました。
撮影はプロに任せてしっかりとしたものを残したいと考えました。そう考えたのが年頭。開院5年目に向けてリニューアルをしていこうと決めました。結果、撮影したのが7月に入ってから。ネットで出張カメラマンを探してオファーをかけ、実際に撮影するのに5日間。写真が納品されるのに4日間。いざ動いてしまえば10日足らずで済んだことなのです。


それを気が乗らない、まだ違う気がする、他にやることがある、とやらない理由をつけて伸ばし伸ばしにしていました。このようなことが山ほどあります。

 

こういった短期的な目先の事は別にしても、私は物事を進めるのに時間、いや年数をかける傾向にあります。そして年数がかかるとも言えます。

 

私はいま現在、あじさい鍼灸マッサージ治療院を開業し運営しています。
開業することを考えてからだいたい4年はかけました。独立を真剣に考えてコンセプトや治療コース、価格設定などを大体決定してから2年くらいで出張治療専門(店舗を持たない)の業態で独立。それから2年以上かけてあじさい鍼灸マッサージ治療院を開院しました。


更に開院してから現在の社交ダンスに特化したスタイルになるまで(それを前面に推しだすスタイルにするのに)3年以上の時間がかかりました。社交ダンス関係者、特に学連(学生競技ダンス連盟)選手に集中したやり方を頭の中に思い描いたのは、かれこれ15年くらい前のことです。
つまり理想とする開業スタイルに行きつくのに15年かかったということです

 

それ以前に、スポーツ選手のサポートをしたいなと漠然と考えたのは中学3年くらいの頃。高校の進路アンケート取りたい資格に「鍼灸師」「マッサージ師」を選択したのが高校2年生の頃だったと思います。実際に鍼灸マッサージの専門学校に入学したのはその10年後の26歳の春でした。

鍼灸マッサージ専門学校を卒業する際に柔道整復師や教員免許もあると良いだろうなと少し思いました。そのときから数えて1年後に柔道整復師科に入学、5年後に教員養成科に入学を果たします。

 

よく、思い立ったら即行動するのが正しいこと、という話を耳にします。

まずやる。まず行動する。動きながら考える。失敗するのが早ければ早いほどリカバリーがきく。

そういう意味で、行動を後回しにするのは害しかないという考えです。

 

私の場合、どうも合わないようです。

 

まず性格的に、自身が巳年のせいか、ねちっこいわけで。気に入ると集中して深く追求しようとする性分です。30過ぎて少し変わりましたが、基本は興味の無いことは全て無視、好きなことだけをやっていきたいタイプです。そして長時間同じことに向き合っていても飽きないのです。

 

それと父から習った「ダムの放水理論」。簡単に説明すると水がたっぷりと張ったダムの放水は水量も豊富で澄んでいてとても綺麗だが、水がほとんど溜まっていないダムの放水は水が濁り水量も少なくてみっともない。しっかりとした蓄積が無いのを世に出すと情けないものになるという比喩です。この教えを受けてしっかりと知識も経験も蓄積した上で実際に行動に移すようにしています。

 

このように物事を進めるのにしっかりと準備してある程度の確証を得てから動き出す傾向があります。

 

そうはいっても将来の事を今のうちから準備していることは確かです。


漠然と頭に浮かんだ「これやってみたいな」という気持ちを、形に変えて実現に至るように持っていく取り組みは日常から行っています。現時点のあじさい鍼灸マッサージ治療院は一人で運営するスタイルですし、そのように作りました。ですが一生涯、個人のみで行うとは限りません。規模を拡大すること、人を雇うことを視野に入れて現在進行形で経営や経済の勉強をしています。いつも先を見据えての準備はしています。

 

大小様々な新しい挑戦がいくつも同時並行で動いています。

変わらないものも必要ですが変えていくことも大切。毎日変化の無いような日常に見えて、土壌を耕し色々な種を撒いています。一人で行う以上時間が無いですし時間がかかります。ですが、年数をしっかりかけて、年数がかかりますが、温めている事は、そのほとんどを実行し実現できています。

 

今動かないと明日が変わらない。

表に出るのが数年先かもしれませんが、毎日ねちっこく準備を進めています。

 

甲野 功

こちらもあわせて読みたい

院長の考えについて書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ