治療時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休診日:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~按摩の話 揉捏(じゅうねつ)~

按摩の中には色々な技法があります。


教科書には7つの基本手技が記載されていますが、その中で最も大切かつ特徴的なものが揉捏(じゅうねつ)です。揉捏とは平たく言えば揉むということです。

 

主に筋肉を対象として揉むことが按摩の醍醐味と私は考えています。

 

ただ筋肉を揉むのは、誰にでもできます。私も小学生の頃から肩もみをしていました。

しかし、その筋肉を揉むという動作に色々な効果を持たせるために勉強、練習、臨床を積んでいきます。

揉捏は教科書だけでも
手掌揉捏法把握揉捏法母指揉捏法手根揉捏法櫓盪揉捏法錐状揉捏鋸切状揉捏
と記載されています。

 

揉む方向で考えれば輪状線状と分かれます。写真では腰を線状の母指揉捏法を行っています。

更に臨床上ではこれら以外の揉捏法を使うことがあります。ただ揉むだけと言うなかれ。奥が深いものです。

また揉捏法は患者さんの筋肉の状態をよく知ることができます。そのため本人が自覚していない体の状態を知ることがあります。

 

治療方法であると同時に触診方法であるわけです

私の場合、人の顔・名前を覚えるのが得意な方ではありません。

忙しい現場にいたとき、以前担当した患者さんの顔を忘れてしまうことがありました。

それでも、不思議なことに指が覚えているというべきか体を触って揉んでいくと、「ああ、あのときのあの人だ」と思いだすのです。

特に競技ダンス選手は筋肉の感触は何年経っても覚えているものです。

この揉捏という技術が按摩だけなく、指圧マッサージ更には鍼灸骨格矯正まで役に立っています。

甲野 功

こちらもあわせて読みたい

治療技術について書いたブログはこちら→詳しくはこちらへ