開院時間

平日: 10:00 - 20:00(最終受付19:00)

: 9:00 - 18:00(最終受付17:00)

 

休み:日曜祝日

電話:070-6529-3668

mail:kouno.teate@gmail.com

住所:東京都新宿区市谷甲良町2-6エクセル市ヶ谷B202

~地域散策 白銀公園~

あじさい鍼灸マッサージ治療院 白銀公園
東京都新宿区神楽坂にある白銀公園

 

私は生まれてからずっと東京都新宿区牛込に暮らしています。


幼少期には地域のあらゆる公園に行って遊んだものでした。小学生半ばになり子供だけで自転車で外出するようになると、今日はどの公園に行こうか?と遊び先を友達と話しましたね。


小学校低学年のときにファミリーコンピューター(いわゆるファミコン)が発売されました。その後ゲームボーイやスーパーファミコンが発売されたのですが、物事ついたときから自宅にTVゲームはあった世代ではギリギリありません。外で遊ぶ方がまだ主流だった時代の子供でした。


今では子供を連れてかつて自身が遊んだ公園にまた行くという状況になっています。

 

長女が最近特に気に入っている公園を今回、紹介しましょう。
白銀公園です。

新宿区のホームページより

特徴は近隣の公園の中ではかなり広いこと
23区で一番高い山、箱根山を有する戸山公園新宿御苑、有料のにこにこパークに比べれば狭いですが、一般的な公園の中では群を抜いて広いのです。そのため他にはない遊具がいくつもあります。

 

何といっても人口の山があります。子供たちが数十人くらい一度に登れるくらいのしっかりとした人工の山。斜面にはトンネルがあり、頂上の穴から入ることができます。
上るルートも安全な階段から鎖場、ボルタリングのように石のとってがあるものと様々。滑り台にもなります。
子供の成長に合わせて遊び方が左右されます

3歳くらいまでは大人が一緒に登らないと危なくてしょうがないのですが、年齢が上がるにつれて一人で登るように。小学校高学年にもなれば下から走って駆け上げることもできます。公園に子供を連れて行くと遊具で成長具合を確認できるものですが、この山はとてもよい指標になりますね。

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 白銀公園
人工の大きな山がある

 

 

ブランコは4つあります。近隣にある公園の多くは2つまでのところ、白銀公園は4つ。

そのうち2つは2~3歳から楽しめる腰がすっぽりと入る作りになっています。このタイプのブランコがある公園は少ないので親御さんは重宝するでしょう。私が知る限りですと四ツ谷の方まで行かないとありません。小学生でもこのブランコに乗って別の使い方をするのですが、本来のブランコの乗り方とは異なるので紹介しません(苦笑)。

 

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 白銀公園のブランコ
ブランコは4つあり、2つが通常、もう2つが幼児でも使えるタイプ

 

他には公園遊具の王道、滑り台。滑り台は2つ斜面があるのが助かります。ストレートのタイプなので(カーブが無い)スピードが割と出て渋滞緩和に役立ちます。

子供を連れて行くと滑り台で順番待ちが起きること、下から登ってくる子供がいること、はよくある問題。滑り台は人気なので回転が速いことは助かります。


幸い白銀公園では先ほど触れた山でも滑ることができるのであまり混雑しません。

 

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 白銀公園の滑り台とシーソー
白銀公園の滑り台とシーソー

 

 

大きな砂場。

砂場面積は相当広い方です、この地域の中では。広い砂場とその周りを登って遊べるオブジェで囲っています。砂場で混雑すると地道に作っていた山を踏まれた、掘っていた穴に砂が入った、といった子供のトラブル回避になるので助かります。親になって気付かなかった視点ですね。

 

 

あじさい鍼灸マッサージ治療院 白銀公園の砂場と公園の様子
白銀公園の砂場と公園の様子

 

他にも回転するジャングルジム、登り棒、平均台、鉄棒、跨いで乗っかる遊具と色々な種類がそろっています。更に大人の生活習慣病対策の健康器具もあるので運動不足の中高年が身体を鍛えることもできます。

 

このように多くの遊具・器具が設置されているのですが、一番の特徴はその広さ。広いからこそたくさんの器具を置いても遊べるのです。走り回ることができる数少ない公園です。


そして白銀公園の立地。公園があるのは神楽坂上の商店街から路地を通ったところ。活気ある商店街からすぐ。有名な観光地にある(昨年放送されたドラマ「僕とシッポと神楽坂」のロケ地のすぐそばでもあります)。この立地条件がとても便利なのです。

 

白銀公園に行って、帰りに買い物や食事をすることができます。そばにはチーズ専門店のアルパージュ、手焼きせんべいの地蔵屋もあります。少し行けば今一番お気に入りのケーキ屋さんぼんりびえーるも。

近くの100円ショップでおもちゃを買って白銀公園で遊ぶ。商店街のお店でお菓子を買って公園で食べる。

大人も子供も助かる場所にあるのです。

自宅からは距離があり、もっと近い公園がいくつもあるのですが、神楽坂商店街に行くことを考えると連れて行きやすくなります。

 

神楽坂のすぐそばにこれだけ充実した公園があることは地元住民には幸せなこと。


紹介した画像で分かるように週末の日中は子供連れ家族で賑わいます(他人のお子さんの顔が判別できないように加工しているのはご容赦を)。待ち合わせをしなくとも子供同士のお友達に出会うことが多いです。
それだけでなく公園で初めて会った子供同士で一緒に遊び始めることもよくあります。子供たちの社交場ですね。土地柄、フランス人が多いので身近で異国の子供と接する機会が得られます。

 

神楽坂のお祭りがあるときはイベント会場になりますし、ボランティアさんが来てくれて昔遊びをしてくれることもあります。好立地に関わらず、あれだけの土地を公園にしてくれる新宿区には感謝です。

 

新宿区牛込で子育てをするメリットデメリットがあります。そのうちのメリットに、白銀公園があることは入ります。私も同じように遊んだ白銀公園。引っ越してきた方も観光で訪れた人も、海外から神楽坂に住み始めた人も受け入れてくれる場所。隠れた名所です。

 

甲野 功

 

★ご予約はこちらへ

メール  :kouno.teate@gmail.com
電話   :070-6529-3668
LINE@   :@qee9645q


ご連絡お待ちしております。

 

こちらもあわせて読みたい

地域のおススメスポットを紹介したブログはこちら→詳しくはこちらへ